ふるさと納税の上限額!住宅ローン、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)、医療費控除がある場合は?

こんばんは、鬼塚祐一です。明日17時から、

ふるさと納税の上限額!住宅ローン、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)、医療費控除がある場合は?

というテーマで、FPラボ限定ウェブセミナーを開催します。

このテーマにした理由は、ラボメンバーのsakuraさんからリクエストがあったからです。

鬼塚先生、WEBセミナーのリクエストがあります。

年末(確定申告)を迎えるにあたり、税金のお話をしてくださいませんか?

アフタヌーンティーの最後の方で話題になりました、

「ふるさと納税の上限を超えて寄付したらどうなるの」という質問の際に、

住宅ローン、イデコ、医療費控除、その他??? があれば、上限額に影響があるということをお話されていましたね(お席が遠くて聞こえませんでしたが…)

どういった影響があって、どのようにすれば回避できるのか、より賢く寄付できるのかを教えて欲しいです。

せっかくなら最大限に寄付枠を使い、有効的に寄付できたらいうことなしですが、住宅ローン、イデコ、医療費控除 全く考慮していなかったので、もしかすると、かなりの額を本当に寄付しちゃったかもしれないです。

本当の寄付なんて言うと心が狭い人間のように思えますが。。。

過去3年間、やっちゃったかもしれないです。

投資といえばNISAやイデコばかりに目が行きがちですが、もっと身近な税金の問題。

かしこく節税する方法や、裏技など、教えていただきたいです。

確定申告のマル秘話などもあれば知りたいです。

今年もあと2か月ほどですので、できれば早めにご説明いただけますと、ぎりぎり間に合うかなと思いますので何とかお願いできませんでしょうか?

住宅ローン、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)、医療費控除がある場合、ふるさと納税の上限額は変わります。

ただ、ご安心下さい。

カンタンに計算できますので、ウェブセミナーで解説しますね。

日時は、明日、11月12日(火)17時~です。

当日、ご参加できなくても、ご安心下さい。

録画しますので、動画を、後日、ラボの会員サイトにアップします。

ラボの動画は、公開されてから、3ヶ月間、ご覧いただけます。

そのため、今回の、

ふるさと納税の上限額!住宅ローン、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)、医療費控除がある場合は?

の動画は、次回の11次募集のときには、ご覧頂けません。

11次募集は、来年3月以降の予定のためです。

ただ、ご覧頂ける方法が、ひとつあります。

12月8日の、東京の資産運用セミナーを受講すると、特典として、FPラボ初月から1万円コースへ即時入会が可能です。

資産運用セミナー当日にお配りするご案内チラシからすぐに入会できます。

これで動画を見ることが出来ますね。

東京の資産運用セミナーの詳細はこちらです。