ニューヨーク在住の方から、激励メールが届きました。

こんばんは、鬼塚祐一です。年始のメルマガで、


今のところ、大人への金融教育を行っていますが、、、

実は、今後は、もっと大きな展望があります。

子供たちへの金融教育です。

アニメやゲームなどを活用することで、楽しみながら自然と学べるコンテンツ
を考えています。

また、2022年度から高校の家庭科で金融教育がスタートします。

家庭科教諭へのサポートも行えたらいいなと思っています。

なかなか大変なことだとは思いますが、これまで、やってきたことを活かし
ていきたいと考えています。


という話をしました。

実はこれ、かなり反響がありました。

たとえば、ニューヨーク在住の方から、こんなメールが届きました。


鬼塚 様、

はじめまして。

私は、NYに31年住んでおります。

鬼塚さんのおっしゃる通り、アメリカの学校では、小学校の時から投資の勉強をさせられて、大学の頃には、親にどの株がいいなどというアドバイスをするほどです。

もちろん全員がそうというわけではありませんが。

私は子供もいませんし、アメリカの学校は出ていないので、投資はよくわかりませんが、いつもあのように小さい頃から学校で投資を教えてくれていたらなぁ。。。と思って羨ましく思っています。

日本のこれからの世の中を変えていくのには、そのような教育が不可欠だと思います。

是非、鬼塚さんが先頭に立って導いていっていただければと思います。

頑張ってください!

このメールを拝見して、どうしてもお伝えしたくなりました。


やはり、アメリカでは、子供たちへの金融教育が進んでいますね。

日本も変わっていけると良いなと思います。

ちょうど良いタイミングで、FP協会から、

「高校生などへのパーソナルファイナンス教育を担う「パーソナルファイナンス教育 インストラクター」を募集」

というメールが届きました。

全国で30名の募集です。

良い機会なので、応募してみました。^^

ただ、ギャラはめちゃくちゃ安いです。

ほぼ、ボランティアです。

昨年までの、私だったら、絶対にやらなかったです。(爆)

私の、意識もずいぶん変わったものです。

書類選考に通ったら、実技選考があります。

いったいどうなるのか?

合格したら、またメルマガで書きますね。

落ちたら、何事もなかったように、この話題は一切しません。(笑)