投資信託

絶対にやるべき楽天証券の500円ポイント投資

こんばんは、鬼塚祐一です。

今回は、絶対にやるべき、楽天証券の500円ポイント投資についてお話します。

知っている方は、すでにポイント投資をしているかもしれませんが、していない方は、なんの話だろう?と思われるかもしれません。

では、楽天証券の500円ポイント投資が、どうお得なのかを、解説していきます。

楽天証券の500円ポイント投資をすることで、何がいいのか?

楽天市場で使えるポイントが、より貯まりやすくなる、ということです。

私は、楽天ポイントを、かなり熱心に貯めています。

楽天ポイントを過去1年以内に、どれぐらい貯めたのかを確認しました。

楽天ポイントが1年間で、【64万9631ポイント】も貯まりました!

2020年8月〜2021年8月までの1年間の獲得ポイント数です。

64万9631ポイントも貯まりました!

これは、もちろん、お買い物してポイントを貯めたり、色々とポイ活をしています。

そして、そのポイ活の中で、楽天ポイントを貯めた1つの方法が、楽天証券の500円ポイント投資というものです。

どのようにしてポイントが、貯まっていくかといいますと、楽天市場では、SPUというものがあります。

楽天市場を使っている方は、分かると思いますが、これは、スーパーポイントアッププログラムの略です。

これは、SPU対象のサービス条件を達成すると、楽天市場でのお買い物が、ポイントアップするプログラムのことです。

例えば、楽天カードを利用して、楽天市場でお買い物をしたら、プラス2倍になったり、楽天プレミアムカードを利用して、楽天市場でお買い物をすれば、更にプラス2倍にポイントアップします。

▼現在7800名が購読中!▼

楽天証券で、ポイント投資するとSPUがプラス1倍

楽天証券で、ポイント投資するとSPUがプラス1倍になります。

楽天市場で、お買い物する時のポイントが、プラス1倍、増えるということです。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/spu/

プラス1倍になると、どれぐらいお得になるのかは、後から説明します。

楽天証券の500円ポイント投資で、楽天ポイントを使って、何をすればいいのかというと、ポイントを使って、投資信託を購入します。

株とか金とか債券とかではなく、投資信託を購入する、ということになります。

投資信託の購入額は500円でオーケー!

いくら分、購入したらいいのかは、タイトルに楽天証券の500円ポイント投資とある通り、500円です。

楽天証券のSPUの条件に、500円分以上のポイント投資すると、ポイントプラス1倍になると記載されています。

500円分以上なので、ポイント1倍を上げたいだけの方は、500円だけで条件達成できます。

先ほどメールを紹介した方も、500円のみ投資していると、書いてましたね。

私も、500円しか購入しておりません。

私のメインはSBI証券で積立NISAをしますので、楽天証券は、基本的に、SPUを上げるだけに、ポイント投資をしています。

他には、金のETFを、少し購入したり、メインの投資とは、別の商品を少し購入する時に、たまに楽天証券を、使っているというような感じです。

500円分以上のポイント投資について、もうすこし細かく見てみましょう。

楽天ポイント500ポイントを、全て使用しないといけない、というわけではありません。

楽天証券のSPUの条件のページの、下の方に、詳しく書いてあります。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/campaign/spu/

「ポイントのみでも、現金と組み合わせてもOK!SPUの条件となる、当月1回500円の買い方は、最低1ポイント含まれていればOKです。」

とあります。

どういうことなのか?

1ポイントと現金499円でもオーケー!

例えば、500円分の内、ポイントは1ポイント、残り499円は、現金で投資信託を、購入する方法でもOKということです。

もちろん、500円分、全部500ポイントで、投資信託を、購入する方法もOKです。

これは、好みがありますので、どちらの方法でも、いいと思います。

私の場合は、面倒なので全部、毎月500円分、全てポイントで、購入しています。

楽天ポイントは投資信託の購入よりも、楽天市場で使ったほうがお得になる理由

楽天市場でのポイ活を、極めている方々は、どうしているかというと、1ポイントしか使っていません。

残りの499円は、現金で支払っています。

その現金分も、楽天カード決済で行っています。

それは、楽天カードで決済すると、そのカード支払い分にも、ポイントが付くからです。

楽天ポイントというのは、ポイント投資で使うよりも、楽天市場でポイントを、できるだけ使った方が、お得になります。

楽天ポイントを使って、楽天市場でお買い物をしても、そのお買い物に対してまたポイントが、付くんですよ。

つまり、ポイントが、ポイントを生むようなことが、起きるわけです。

楽天スーパーセールや、お買い物マラソンの時に、ポイントで、購入したら、還元率20%や30%になります。

そうするとポイントで、お買い物したのに、20%や30%、また戻ってきたら、すごいお得ですよね。

投資信託を購入したとしても、投資信託の得られるリターンは、長期で続けて、6%くらいです。

そう考えると、6%の投資信託のリターンよりも、楽天市場でお買い物をして、20%や30%還元率の方が、いいですよね。

もう、4倍、5倍、6倍になりますよね。

そういう訳ですから、ポイントは、できるだけ楽天市場で使いたいので、このポイント投資に1ポイントのみ使う方は、かなり本格的に、ポイ活をやっている方です。

私は、時間もないので、本格的にポイ活はできていないのと、面倒なのもありますので、ポイント投資は、500円分、全てポイントで積立をしております。

500円分以上のポイント投資をすると、どうなるのかを、見ていきましょう。

そもそも、私が、楽天証券のSPUプラス1倍を知ったのは、私のお客様で、コンサル1年コースを以前、受けて下さったドクターの方が、ポイントがお好きだったので、楽天証券のSPUのことを、教えてくれたのです。

▼現在7800名が購読中!▼

ポイント投資をして、メリットがあるのか、試算してみた結果

私も、楽天証券で、500円分以上のポイント投資を、してみようかなと思って、私の場合は、ポイント投資をして、メリットがあるのか、1回計算してみました。

その当時、私が、楽天市場でお買い物をしている金額が、年間50万円ぐらいでした。

私の場合は、自営業なので、備品なども購入する関係もあり、50万円の買い物になります。

最近は、ポイ活で、主婦の方も、楽天市場でお買い物をしていますが、恐らく、私より、もっとお買い物しています。

そして、楽天市場を利用しているのは、主婦の方が多いです。

なぜなら、食料品、飲料水、洗剤、また、ペットを飼ってる方は、ペット用品、ペットフード、赤ちゃんがいる方は、オムツを購入したりしますよね。

生活の中で、普段使うものを、今まではスーパーや、ドラッグストアで、購入していたものを、楽天市場に置き換えると、すると、かなりの金額を、楽天市場に集約できるようになると思います。

なので、50万円分ぐらいは、いけるのかなと思います。

必要なものを、楽天市場で揃えるようにしたら、100万円分、集めることが出来る方も、いるかも知れません。

一番いいのは、家族で協力しあうことだと、思います。

私の場合は、とりあえず自分で買う分だけで、当時、年間50万円でした。

最近、この数年間は、年間いくら購入しているのか、集計していませんが、今は、もっと増えていると思います。

例えば、この前は、ふるさと納税だけで18万円したので、それだけで、年間購入額は、かなり増えますよね。

今回は、50万円の場合で考えますが、50万円分のお買い物で、プラス1倍で、ポイントが、どれくらい増えるかというと、5000ポイントアップします。

50万円の1%ですから、5000ポイントが、つくようになります。

この、5000ポイントが付くために、手出しするお金は、いくらになるでしょうか?

500円 ✕ 12ヶ月 = 6000円

6000円、投資することになります。

また、楽天証券の500円ポイント投資は、お買い物する月だけ、500円分の投資する方法でもOKです。

私は、面倒なので、毎月積立で、全てポイントで支払っています。

6000円分出して、5000ポイント獲得できるなら、還元率で考えると、とても高いと思いませんか?

5000ポイント ÷ 6000円 = 83%

なんと、83%の還元です。

ものすごく、凄いわけですよ。

この6000円分で、購入した投資信託は、値動きはしますけど、解約して現金化すれば、お金は、戻ってくるわけです。

鬼塚がポイント投資で購入してる投資信託の銘柄はこれだ!

実際に私が、楽天証券で、購入している商品を、お見せしますね。

この画像は、2021年1月13日に、スクリーンショットをしたものです。

私が購入している商品は、楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))です。

私は普段、投資信託をする時には、分散投資をするように、株だけではなく、債券も、そして株は、日本の株だけでなく、外国の株も、債券も、日本と外国の債券を購入して、4つに分散しましょうと、お話をしています。

ただ今回の、500円の投資に関しては、500円で4つに分散が、できません。

バランスファンドを使えば、できます。

だけど、バランスファンドを使うのは、面白くないなと思い、せっかくの500円ポイント投資なので、攻めて増える商品を、選ぼうかなということで、全世界株にしました。

債券なしで、株だけで攻めようと思い、株ですが、せっかくなら、普段、自分が買わないような、商品にしたかったので、全世界株です。

全世界株だと、日本の株、そして外国の株は、先進国と新興国も入っています。

500円ポイント投資なら、そうした商品も、たまには、いいのかなと思い、これを選びました。

実は、信託報酬がもっと低い商品は、あります。

なぜ楽天を選んだかというと、楽天証券で購入しますし、楽天市場のポイントアップで、楽天にお世話になっているので、感謝の気持ちを込めて、楽天の商品を選んだということです。

毎月500円積立しており、今、積立総額が1万2000円です。

1万2000円 ÷ 500円 = 24ヶ月

ということで、2年間、積立してきました。

500円を、コツコツ2年間続けて、1万2000円を積立して、それが今、1万4630円になっており、2630円のプラスということですね。

これは、投資したお金を増やしたいという目的ではなく、楽天証券のSPUの1%アップで、5000ポイントゲットしたいから、500円ポイント投資をしています。

そのおまけとして、積立を続けて、現在はプラスに、なっているということですね。

こんな感じで、私は、楽天証券の500円ポイント投資をしています。

この話は、FPラボでしたことがあるので、FPラボメンバーさんは、楽天証券の500円ポイント投資をしている方が、結構います。

そして最近、この楽天証券の500円ポイント投資で、

「一部をポイントを使う設定をした際に、残りを現金で支払うには、実際に、どのようにすればいいのですか?」

という質問がありました。

先程、投資信託を購入する時は、ポイントのみでも、現金と組み合わせてもOK!で、SPUの条件となる当月1回500円の買い方は、最低1ポイント含まれていればOKという話をしましたね。

ポイント投資の設定の仕方

これについては、楽天証券の画面で確認してみましょう。

まず、自分が購入したい商品を選びます。

選んだ後に、引落口座と引落日を選択の画面が出てきます。

引落方法は、証券口座、楽天カードクレジット決済、楽天銀行、楽天カード支払口座からの引落、その他金融機関の設定など色々あります。

楽天ポイントを貯めたい方は、楽天カードを、恐らく持っていると思うので、普通は、楽天カードクレジット決済を、選ぶのではないかなと思います。

証券口座というのは、自分で楽天証券に振込をする必要があり、これだと、面倒なので、選択しない方が、多いと思います。

楽天銀行の引落、あるいはその他、ご自身が持っている銀行の口座から、引落することもできます。

この画面を進めていくと、オプション、ポイント利用設定状況という画面が、出てきます。

ここで設定するを選択して、ポイント利用を、利用するに設定して下さい。

利用するに選択した後、毎月の利用上限ポイントというのが画面が出てくるので、そこで、1ポイントだけ使いたい方は、1ポイントと入力します。

私の場合は、全て500円分、ポイントを使っていますので、確か上限なしにしていたと思います。

まとめると、引落方法をどれにするか、次に、ポイント利用を利用するに設定して、ここを1ポイントにしておけば、楽天証券の500円ポイント投資は、始められるということです。

500円なので、選ぶ商品は、何でも良いと思います。

自分が好きな商品、普段メインの資産運用では、購入しないような商品を選ぶというのも、面白いのなという風に思います。

>逆に、メインの資産運用は、こういう方法があります。^^

 

▼すでに8200名の方にお読み頂いてます▼

-投資信託