人気ランキング1位「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」いくらから買える?いくら投資すべき?何年後に売ればいい?初心者のために解説します。

人気ランキング1位「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」いくらから買える?いくら投資すべき?何年後に売ればいい?初心者のために解説します。

こんばんは、鬼塚祐一です。投資初心者の方から、

SBI証券の中で、人気ランキング1位の「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」

について質問が、届きました。

「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは、いくらから購入できるのか?いくら投資すべきなのか?何年後に売ればいいのか?」

という質問です。

SBI証券のホームページで投資信託のランキングを見ると1位は、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドになってますので、今一番売れているのが、分かります。

ランキング1位になっていると、良い商品じゃないかなと、気になりますよね。

それでは、質問に回答していきます。

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは、いくらから購入できるのか?

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドのページの下の方を、見ますと、買付単位という項目が、あります。

買付単位の下に、金額、口数、積立と記載されています。

買付単位で金額とある場合は、一括で購入する時だと思って下さい。

金額:100円以上1円単位とあります。

つまり、一括の時は、100円から購入することが、できます。

小学生の、お小遣いでも買えますね。

それから、次に口数とありますが、普通、口数買付は、しませんので、ここは、気にしないで下さい。

最後に、積立ですね。

積立:100以上1円単位とあります。

これは、毎月積立や、毎日積立をしたい場合は、100円以上あればできると、いうことです。

ですから、一括で買う場合も、積立する場合も、100円あれば、購入することができます。

100円だったら、気軽に始められますよね。

いくら投資すべきなのか?

いくら投資すべきかを、考えるのは非常に重要です。

よくやりがちなのが、

「毎月のお給料が、これぐらいだから、2割ぐらい、貯蓄に回さないといけないよね。毎月この金額ぐらいだったら、投資に回せそうかな?」

という感じで、いくら出せるのかを先に、考える方がいます。

私は、その決め方は推奨しません。

では、何で決めるかというと、目的・目標額から先に決めます。

投資する目標は、いろいろあると思います。

私のお客様で、一番多い目標は、老後金を貯めることです。

なぜ多いのかというと、1年半ぐらい前に、金融庁の発表で、老後2000万円問題という報告書が、ありましたよね。

そこから話題になり、老後が心配だから、今のうちから貯めておこう、ということで、投資に興味を持つ方が、多くなりました。

それから、お子さんがいる方は、教育資金も、必要になります。

教育資金は、小中高で使う、お金ではなく、大学で使う費用です。

大学は、入学金、授業料など、まとまったお金が、必要ですよね。

私立大学だと、400万ぐらいかかると、言われてます。

大きな金額が必要だから、今のうちに貯めておこうと計画を立てる方も、いると思います。

後は、車を買いたいから、お金を貯めようとか、家を買いたいから、頭金を貯めようとか、旅行に行きたいから、旅費を貯めようなど、色々な目標が、あるかと思います。

投資した方がいいのか、しない方がいいのかを、見極めるためは、目標金額を、いつ実現したいのか?がポイントになります。

例えば、老後資金であれば、随分先になりますよね。

だけどもし、来年、車を買い替えたいとなると、直近の話になります。

この時に投資していいのか、してはいけないのかの目安があります。

目安は、10年です。

10年以上先に、使う予定のお金であれば、投資でOKです。

逆に、10年よりも前に、使うお金を投資しないで下さい。

なぜかというと、S&P500インデックス・ファンドは投資信託の一つですが、投資信託は、長期で運用することに向いている商品です。

投資信託が、本領発揮するのは、10年を超えた辺りからです。

10年以内になると、元本割れとかもあります。

元本割れだと、困りますよね。


ですから、10年以内に必要なお金は、投資に回しては、いけないということになります。

なので、

来年、車を買いたい
5年後に、旅行に行きたい

という目的のために貯めているお金は、投資するべきではないということです。

老後資金とか、教育資金とか、10年以上先に使う車の買い替えとかの、お金であれば、投資に回してOKということになります。

いくら投資すべきなのか?を、今回は、全人類に共通する、老後資金の金額で、考えていきたいと思います。

老後資金のシミュレーションをするために、大和アセットマネジメントのサイトにある、人生100年時代シミュレーションが便利なので、このツールで、計算してみましょう。

積立投資シミュレーションを、選択します。

始める年齢を入力しますが、質問者さんの年齢が分からなかったので、今回は、私の年齢の42歳でいきます。

年齢を決定すると、最初の画面は、将来いくらになる?という画面になっているかと思いますが、ここではなく、その隣の、毎月の積立額はいくら必要?と記載されているタブを選択して下さい。

これで何が分かるのかというと、いくら投資すべきなのかが、分かります。

毎月の積立額はいくら必要?のタブなので、毎月いくら積立すればいいのかが、これで分かるということです。

目標金額は、老後2000万円問題が、話題になったので、2000万円で計算して見ましょう。

そして、運用する期間は、私が、42歳ですので、65歳までに貯めようと思ったら、23年間ですね。

想定利回りは、S&P500のリターンにします。

S&P500のリターンを確認するために、マイ インデックスというサイトを見てみます。

マイ インデックスで、便利なのが、過去の長期間の年平均リターンが、見れることです。

S&P500で、運用した場合のリターンは、過去15年間だと、8.8%、過去20年間だと6.7%、過去30年間だと、9.7%と記載されています。

今回は、過去30年間の9.7%にしましょう。

人生100年時代シミュレーションに戻り、想定利回りを、9.7%に設定して、計算しますと、すぐに結果が出てきます。

まず0%の場合から、見ていきましょう。

0%の場合は、単純に、銀行の預金に入れっぱなしで、積立していく場合だと、毎月7万3000円、積立が必要だということです。

それにたいして、投資信託・S&P500で行うと、9.7%で、毎月2万円です。

月2万円で、23年後には、2000万円に到達できるということです。

ですので、いくら投資すべきかの答えは、月々2万円するのが正解、ということになるわけです。

これは、皆さん一人一人目標は、違うと思いますので、ご自身で試算してみて下さい。

何年後に売ればいいのか?

これは、カンタンです。^^

65歳の時に、老後資金の目標金額を、達成しているのであれば、65歳で解約すればいいだけの話です。

ただ私の場合は、解約はしません。

老後資金は、生きていれば、一生かかるものですよね。

少しでも、投資したお金を長持ちさせたいので、このお金を更に、運用しながら、必要な分だけを、取り崩していきます。

大和アセットマネジメントの、人生100年時代シミュレーションには、取り崩しシュミレーションもできますので、そこから計算してみましょう。

今回は、取り崩しを始める年齢を、65歳から取り崩す、に設定します。

次に、毎月の取り崩せる金額は?というタブを選択して、金融資産を、2000万円に、設定します。

そして、取り崩す期間を、90歳まで取り崩していくと考えて、25年間にします。

想定利回りは、S&P500の、9.7%で、計算します。

老後に、米国株だけに投資するのは、変動が激しいので、危険だと思いますが、今回は、ひとまず、これで計算します。

これで、シュミレーションすると、月々いくら受け取れるのかが出てきます。

毎月、17万7000円を受け取れる、という結果になりました。

もし運用しないで、2000万円を、ただ現金で置いておいて、それを取り崩していくだけだと、毎月6万6000円しか、使えません。

ということなので、老後資金とかに関しては、何年後に売ればいい?という質問の回答は、65歳までは、まず売らない、そして、65歳からは、必要な分だけ売っていく。

先程のシミュレーションだと、月17万7000円分だけ売っていく、ということですね。

これに関しては、例えば、月17万7000円だけ、現金化したい、ということができる、証券会社がいくつかありますので、そうした所を、使っていけば、手間要らずということになります。

自分でタイミングを、決めなくていいのが、楽チンですよね。

今回は、老後資金で、説明していますが、教育資金とか、車の買い替えとか、旅行のお金というのは、いつ使うかを決めておけば、その使う時が、売り時ということになります。

例えば、10年後に、車を買い替えると決めておけば、売るのは、10年後です。

相場がいいか、悪いかではなく、あくまでも、目的しだいです。

何のために、いつ使うのか?

使う時が、売り時です。

目的をきちんと決める、ということが非常に重要です。

それから、先程も少し触れましたが、老後に米国株、S&P500だけで、運用するのは、リスクが非常に大きいです。

老後に限らず、今現時点でも、米国株だけで運用するのは、リスクが高いです。

これは、冷静に考えれば、分かることですが、S&P500のリターンが、過去30年間だと、9.7%と高いわけですから、リクスも当然、高くなるということです。

特に今、インフルエンサーと呼ばれる方々が、米国株を推していますよね。

すると、投資初心者の方は、米国株だけで投資するのが、いいのかなと思うはずです。

その結果、SBI証券の中で、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドが、ランキング1位になっているのかなと感じます。

S&P500で運用すると、リターンが高いので、増える時は、とても増えるので、多くの方は、ずっと増え続ける、というイメージになってしまうかもしれません。

ですが、途中経過で、必ず、下落はあります。

その下落が、ものすごく大きいということは、きちんと、理解しておかなければいけない、ということです。

どれぐらい下がるかを、見てみましょう。

グーグルで、S&P500と検索すると、S&P500の値動きが、出てきます。

一番長期で見たいので、最大を選択しますと1981年のデータから見れます。

大きく下がっているところが、3つあります。

1つ目は、2000年代で下がっていますが、これは、ITバブル崩壊の時です。

2つ目は、2008年に大きく下がっていますが、これは、リーマンショックです。

3つ目は、2020年の3月のコロナショックで、下がっています。

リーマンショックの時は、半分以下で、6割くらい下がっています。

ITバブル崩壊の時や、コロナショックの時は、4割ぐらい下がりました。

この4割や6割の下落に、耐えられますか?

最初に積立している金額が、小さい時はいいと思います。

もし、これが積み上がってきて、65歳で、2000万円になった時に、6割下落すると、1200万円が吹き飛んで、手取り800万円に、なってしまうということになるわけです。

耐えられますか?

普通は、こんなに大きな下落には、耐えられません。

私は、ファイナンシャルプランナーの仕事を、20年近くしてきました。

だから、色々なお客様を、見てきましたけど、6割の下落なんて、耐えられません。

仕事が手に付かない、家事も手に付かない、眠れなくなる、自己嫌悪に陥る、体調崩す、みたいなことが、次から次に起きてくるというような事になるので、投資を続けられなくなります。

ですから、米国株だけで運用するということは、大きいリターンと引き換えに、こうした、大きなリスクも背負うことになることは、きちんと、理解しておかなければいけません。

こんなリクスは背負えない、だけど、効率よく増やしていきたい場合は、どうしたらいいでしょうか?

ご安心下さい、方法は、あります。

その方法のひとつが、分散投資というものです。

分散投資が何かというと、今回の質問に出てきている、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド、これも、分散投資をしています。

例えば、どこに分散投資をしているのか、中身を見てみると、アメリカの会社に投資をしています。

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの、月間レポートを、見てみましょう。

組入上位10位銘柄の中に、アップル、マイクロソフト、アマゾン、アルファベット(グーグル)、フェイスブック、バークシャー・ハサウェイ、などが入っています。

そして、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは、アメリカの色々な会社の、500社くらいに、投資しています。

1社に投資するよりも、500社に投資した方が、リスクは抑えられるというのは、分かると思います。

ただ、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは、アメリカだけにしか、投資をしていません。

ですので、リスクを抑えようと思ったら、アメリカだけではなく、日本やヨーロッパの国々の株にも、分散して投資しておくと、よりリスクが、抑えられます。

さらに株式だけではなく、もう一つ、大きな投資対象市場として債券が、あります。

債券の代表的なものに、国債というものがあります。

国債というのは、文字通り国が発行する債券なので、会社が発行する株式に比べると国の方が、巨大で、安心安全ということで、リスクが低いです。

しかも債券は、株と逆の動きをする傾向にあります。

例えば、コロナショックで、株価は、大暴落しましたけど、その時に、債券は、値上がりしました。

ということは、債券にも投資することで、リスクが、抑えられます。

債券の利益が、株の下落分を補ってくれる、ということができるわけです。

ですから、きちんと分散投資をしてリスクを抑えると、何がいいのかというと、コロナショックやリーマンショック、ITバブルが弾けた時のようなことが、起きたとしても、リスクが抑えられるので、資産運用を続けられるということです。

そして、続けた結果、大きな資産形成につなげることができる、ということになります。

リスクは怖いな、という場合は、分散投資も、選択肢に入れて頂くといいのかなという風に思います。

分散投資のことを、もっと詳しく知りたい場合は、これを読んでおくと良いですよ。^^