50代のミセスモデルの方が投資信託を始めて6年間でこうなりました。

こんばんは、鬼塚祐一です。モデルという仕事をしている人は、投資なんて興味ないだろうな~、と思っておりました。

もちろん、人によると思いますが。^^

実は、50代のミセスモデルの方が、6年前から、コンサルに来て下さっています。 

投資も始めています。

現在、24万3305円の利益が出ています。

内訳は、

・SBI証券のNISAで14万5721円のプラス
・ご主人の勤務先の企業型確定拠出年金で9万7584円のプラス

です。

SBI証券のNISA↓

ご主人の勤務先の企業型確定拠出年金↓

このように利益が出ているのですが、今も、あまり投資に興味がある雰囲気は感じ取れません。(笑)

そこで、あらためて、なぜ、投資を始めたのか?インタビューしてみました。

遡ること、30年ほど。

当時は、金利が高く、郵便局に貯金しておくだけで、2倍に増えるような時代でした。

しかし、バブル崩壊後、金利がどんどん低下。

でも、いずれ、上がるだろうと思っていたそうです。

その後、一向に金利は上がりませんでした。

このときは、株は怖い、と思っていたそうで、投資をすることなく、月日が流れていきました。

そして、2014年、何かで私のセミナーを見つけて、受講されました。

おそらく、何となくという軽い感じだったと思います。

このセミナーの最後のほうで、私が、仕事の理念を少しだけ語ったのです。

投資をする人が増えると、世の中にお金がまわって、経済が活性化し、社会全体が豊かになることにつながる

というような話だったかと記憶しております。

この話が良かったんだそうです。

投資で資産を増やすどうこうよりも、この理念に共感した、と。

「子供や孫に影響してくることだし、次の世代に夢を持ってほしい。」

とおっしゃっていました。

そうなんです。

投資って、自分の資産を増やすために行う、というイメージがありませんか?

最初は誰だって、そうだと思います。

投資に興味を持つきっかけは、利己的なものでぜんぜん構わないのです。

きっかけは何であったとしても、投資を始める人が増えれば、結果的に、子供や孫など次の世代に、豊かな社会を残してあげることが可能になってくるのです。

そのうえで、自分の資産も成長してくれたら、嬉しいですよね。

次の世代のためにも、そして、今を生きる私達にも、どちらにとっても、良いのが、本来の「投資」の考え方だと、私は思っています。

ミセスモデルの方が共感して下さった投資の方法はこれです。^^