投資信託

【年代別の最適ポートフォリオ】どれくらいの「リターン」と「リスク」があるのか徹底検証してみた結果

こんばんは、鬼塚祐一です。

『はじめての資産運用ベーシックレッスン動画』

のなかで、年代別の最適なポートフォリオの例をご紹介しています。

・30代プラン
・40代プラン
・50代プラン

今回、あらためて、それぞれのプランの「リターン」と「リスク」がどれくらいあるのか?を徹底検証してみました。

リターンが何パーセントで、リスクが何パーセントというふうに、具体的な数字を調べました。

ちなみに、年代別のプランはあくまでも目安です。

「40代の人は絶対にこのポートフォリオが最適!」というような話ではありません。

希望するリターンや、許容できるリスクは、当然、個人差がありますよね。

一般的に投資の世界では、

「投資信託で分散投資をすると年率6%のリターンが期待できる」

と言われています。

年率6%というのは、どのようなポートフォリオの場合なのかご存知ですか?

この4つに均等分散した場合です。

  ↓

・国内株式
・国内債券
・先進国株式
・先進国債券

では、年代別の最適なポートフォリオの例の場合は、どれくらいのリターンとリスクがあるのか?

それを、今回、徹底検証したのです。

実は、あるツールを使うとカンタンに分かります。

たとえば、

・リターン:5.4%
・リスク:13.3%

というふうに具体的な数字を調べることが出来ます。

ただ、リターンは何となく分かると思いますが、リスクが13.3%って、イメージできますか?

おそらく、よく分かんないと思います。

このリスクについて理解するためには、「標準偏差」の知識が必要になります。

学生時代に理系だった方は、統計学で学んだ記憶があると思います。

ちなみに、私は高2の夏、数学のテストで0点を取ったことがあります。(爆)

そのため、数学が苦手な人の気持は、めちゃくちゃ分かります。

ということで、数学が苦手でも、標準偏差のことがカンタンに分かる動画を撮りました。

年代別の最適なポートフォリオの「リターン」と「リスク」がどれくらいあるのか?を徹底検証した結果も収録してます。

この動画を見ると、あなたの希望するリターンや、許容できるリスクに合ったポートフォリオが選択できるようになりますよ。^^

動画はFPラボ会員サイトで見ることが出来ます。

FPラボの動画は、アップされてから3ヶ月間、ご覧頂けます。

今回の動画は、5月にアップしましたので、

【視聴期間は8月末日まで】

です。

ちょうど、今、FPラボ18次募集で行っています。

ただ、明日で受付終了です。

「自分にピッタリのポートフォリオを見つけたいです!」

という場合は、明日までに、FPラボへ。

>FPラボ18次募集は7月10日(土)24時までの期間限定です!

 

▼すでに8200名の方にお読み頂いてます▼

-投資信託