38歳専業主婦の方が、変額年金と投資信託と確定拠出年金で291万7463円の運用益です。

こんばんは、鬼塚祐一です。38歳専業主婦の方の事例です。

291万7463円の運用益が出ています。

今から5年ほど前に投資をスタートしました。

初期投資額は50万円です。

毎月の積立は3万円です。

3年目からは月6万円に増額しました。

ご主人がボーナスのときに夏冬合わせて45万円の追加投資をおこなっています。

これまでの投資総額は485万円です。

それが今、631万3050円に増えてくれています。

146万3050円のプラスです。

利用しているのは変額年金です。

なぜ、変額年金なのかというと、5年前は私がまだ会社員のときで、その会社は変額年金推しだったのです。

メットライフ生命の北斗七星Ⅱという商品で、今は販売停止となっております。

変額年金は手数料が高いという弱点があります。

年2.8%ほどかかります。

なので、今年に入って、北斗七星の積立はストップし、SBI証券で投資信託の積立をしています。

その結果、手数料は年0.2%以下になりました。

14分の1に抑えることができたわけです。

では、SBI証券の運用成績を見てみましょう。

積立総額は99万円です。

それが現在、107万3352円になっています。

8万3352円のプラスです。

しかも、これはNISAで買っているので、利益にたいして税金が1円もかからないというメリットもあります。

それから、ご主人の勤務先の確定拠出年金も5年前に見直しをしました。

確定拠出年金の積立総額は、185万7206円です。

それが現在、322万8267円に増えてくれています。

137万1061円のプラスです。

変額年金と投資信託と確定拠出年金を合計すると、291万7463円の利益です。

ちなみに、変額年金も投資信託も確定拠出年金もほったらかしで良いのでカンタンです。

家事や育児で忙しい専業主婦の方にピッタリな資産運用法です。

あなたもほったらかしで効率良く増やせるようになりませんか?