50歳で貯蓄ゼロという場合、収入の2割を貯めても、老後資金が●●●万円も不足する!?

こんにちは、鬼塚祐一です。みんな、いくら貯金しているのか?

だいたい、お給料の何割くらい、貯めたら良いのでしょうか?

と聞かれることが、たまに、あります。

たとえば、収入の2割は貯蓄をしましょう、という話が雑誌などに載っていますよね。

目安にするのは問題無いと思います。

が、自分の場合も、それで大丈夫なのか?はきちんと考えておく必要があります。

仮に、50歳で貯蓄ゼロという方がいるとしましょう。

毎月のお給料が40万円だとしたら、目安で考えると、その2割ですから、8万円貯めればオーケーという感じですよね。

月8万円を65歳まで貯め続けると、1440万円になります。

しかし、老後に必要な貯蓄は2000万円と言われています。

560万円も足りません。

では、いくら積立すれば2000万円貯まるのか?

月11万1千円です。

お給料40万円の、3割ほどになります。

つまり、収入の2割は貯蓄をしましょう、というのは、誰にでも当てはまるわけではないわけです。

かといって、3割も貯めるのは、大変なことだと思います。

ご安心下さい。方法はあります。

「将来の家計に不安を感じていましたががんばる前向きな気持ちになりました。」

という個別相談の感想を頂きましたので、ご紹介しますね。

鬼塚 様

7/20(金)の対面コンサルでお世話になりました**です。

直前まで、うまくお話ができるか心配でしたが鬼塚先生が穏やかにお話を聞いてくださる方でしたので安心して受講できました。

いただいたテキストもわかりやすく、メルマガでよくでてきたワード(リバランス、ドルコスト平均法など)についてもよく理解できました。

将来の目標額について等、これからがんばれば現実的な数字だとわかり、将来の家計に不安を感じていましたががんばる前向きな気持ちになりました。

主婦のへそくりで決して安くはない受講料でしたが、思い切ってよかったと思います。

ひとつひとつ、これから申し込み手続きを行いますね。

ありがとうございました。

感想の中に、

リバランス、ドルコスト平均法

というキーワードが出来てきましたね。

これが理解できて、きちんと実行に移せると、無理なく老後資金2000万円が貯まるようになります。

具体的には、月7万円の積立でオーケーです。

これだと、お給料の2割以下を貯蓄にまわすだけで済みますね。

さて、現在、個別相談は1ヶ月待ちです。

電話やZOOMでの、個別相談をご予約頂ける日時は、お申込みから平均1ヶ月後という状況です。

余裕を持ってお申し込み下さいませ。

ただ、今月の、名古屋での対面の個別相談でしたら、1ヶ月待たずに、個別相談が受けられます。

今年の名古屋での個別の個別相談は、これが最後です。

9月名古屋での対面の個別相談は残り3枠です。お急ぎ下さい!