35歳共働きのご夫婦が、変額年金と企業型確定拠出年金で39万1944円のプラスです。

こんばんは、鬼塚祐一です。35歳会社員、共働きご夫婦の事例です。

相談にお越しになったのは、5年ほど前。

ご結婚されたばかりの頃でした。

ソニー生命の変額年金で月3万334円の積立をスタート。

当時、私が勤務していたFP事務所が、ソニー生命の変額年金推しだったのです。

変額保険(バリアブルライフ)ではなくて、変額年金のほうです。

これまで積立総額は、185万374円です。

運用実績を調べるために、ソニー生命のインターネットサービスにログインします。

6.92%と書いてあります。

これは、年平均リターンを表しております。

ただ、6.92%で運用できた結果、今いくらに増えているのか?は表示がありません。

なので、エクセルで計算します。

計算すると、221万138円に増えてくれていることが分かります。

35万9764円のプラスです。

ところが、今、解約すると解約控除が60万円ほど引かれてしまいます。

変額年金は短期間で解約すると、ペナルティが大きいのです。

なので、まだしばらく継続して、いずれ、つみたてNISAに切り替える予定です。

それから、数年前に、ご主人が転職しました。

転職先は企業型確定拠出年金が導入されていました。

企業型確定拠出年金の商品ラインナップ一覧を見て、信託報酬が最も低いインデックスファンドを4本組み合わせました。

これまでの拠出総額は、68万円です。

それが現在、71万2180円に増えてくれています。

3万2180円の利益です。

さきほどの変額年金と合計すると、39万1944円のプラスです。

10月以降、ニュースで、世界同時株安、という言葉を耳にしませんでしたか?

にもかかわらず、着実に、資産形成ができていらっしゃいます。

不思議じゃないですか?

その秘密は、貯蓄セミナーDVDでお話ししています。^^