投資に反対のご主人を説得して、313万円のプラス!39歳専業主婦

こんばんは、鬼塚祐一です。39歳専業主婦の方の事例です。

初めてお会いしたのは、2013年です。

7年前ですから、33歳のときですね。

当時は、ご主人が投資に反対だったため、何もスタート出来ませんでした。

その後、1年かけて、ご主人を説得し、34歳で、ようやく投資信託をスタート。

エース証券に口座を開設して、一括で1000万円投資しました。

フィデリティのグローバルファンドなど4本に分散投資しました。

なぜ、エース証券なのかというと、当時、私が勤務していたFP事務所が提携していたからです。

ちなみに、証券会社と提携しているFPのことをIFAと言います。

しばらくして、私が独立したのを機に、SBI証券に口座を開設して、保有していた投資信託をすべて移管しました。

SBI証券で、月4万円の積立も始めました。

37歳のときに、100万円追加投資しました。

これまでの投資総額は、1252万円です。

それが今、1565万6030円に増えてくれています。

313万6030円のプラスです。

上記画像には、SBI証券に移管する前の、利益が含まれていません。

エース証券のときからの利益を含めると、先程、お伝えしたように、313万6030円のプラスです。

1年かけて、ご主人を説得しなければ、この利益が得られませんでした。

諦めずに、話し合って、良かったですね。

ちなみに、このまま投資信託を続けて、60歳までに7500万円の資産形成を目指しております。

これだけの貯蓄があれば、毎年、海外旅行に行けますね~。

あなたにも出来ますよ。^^