300名の運用実績を大公開

45歳会社員のリアルすぎるお金事情「貯蓄ゼロから、ついに、1000万円貯まりました~!」

さぁ、始まりました!鬼塚祐一です。

「貯蓄ゼロから、ついに、1000万円貯まりました~!」

とご報告して下さったのは45歳会社員の門田さん(仮名)。

・佐賀県在住
・奥様は42歳会社員
・お子さんは小学校低学年

初めてお会いしたときは、本当に、貯蓄ゼロでいらっしゃいました。

当時を知っているので、このご報告は、私も感慨深いものがあります。^^

門田さんは、どうやって、貯蓄ゼロから1000万円貯めたのか?

時系列でお話していきますね。

初めてお会いしたのは9年前のことです。

結婚する直前の、付き合っている状態で、私のセミナーを受講されました。

投資を始めるために、1年間、頑張って50万円貯めました。

なぜ、50万円貯めたのかというと、

当時、私が勤務していたFP事務所が提案してた変額年金という商品は、最低50万円からした契約できなかったからです。

変額年金で、月8万円の積立も始めました。

この8万円は、銀行から毎月、自動で、引き落とされます。

しかし、お子さんが生まれたあと、家計がきつくなり、積立額を3万円に減らしました。

5年間続けて、投資総額が380万円、評価額が426万円に増えたところで解約しました。

少し現金が必要だったので、解約返戻金の中から、43万円は使いました。

利益分を使った感じですね。

残りの、383万円は、SBI証券でNISAを開設して投資信託を買いました。

積立も行っています。

NISAの運用成績は以下のとおりです。

・投資総額:約560万円
・評価額:773万3212円
・利益額:+213万1870円

ずいぶん利益が出ています。

5年半ほど前に、イデコもスタートしました。

イデコもSBI証券です。

掛金は月2万円から始めて、途中から2万3000円に増額しました。

・拠出総額:118万5000円
・評価額:156万1739円
・利益額:+37万6739円

イデコも順調に増えています。

奥様の企業型DCをイデコに移管した結果

奥様が3年前に転職されました。

以前の勤務先で、企業型確定拠出年金が導入されていました。

転職の際に、この企業型確定拠出年金を、マネックス証券のイデコに移管しました。

月1万円の積立もしています。

・拠出総額:82万1974円
・評価額:114万3270円
・利益額:+32万1296円

3年前から、ジュニアNISAを、SBI証券で始めました。

・拠出総額:53万円
・評価額:67万7104円
・利益額:+14万7104円

3人分を合計してみましょう。

まずは、利益額から。

・解約した変額年金:+46万円
・ご主人のNISA:+213万1870円
・ご主人のイデコ:+37万6739円
・奥様のイデコ:+32万1296円
・ジュニアNISA:+14万7104円

【利益合計】343万7009円

続いて資産総額です。

・ご主人のNISA:773万3212円
・ご主人のイデコ:156万1739円
・奥様のイデコ:114万3270円
・ジュニアNISA:67万7104円

【資産合計】1111万5325円

1000万円を超えて、1111万円も貯まっています!

銀行預金もあると思いますが、お聞きしていないので、預金を含めると、もっとあるはずです。

なぜ、貯蓄ゼロから1111万円も貯めることが出来たのか?

その理由は、これに尽きると思います。

【銀行自動引落の積立を続けてきたから】

NISAもジュニアNISAもイデコも、ぜんぶ、銀行から、毎月、自動で引き落としになっています。

自動引落ですから、当たり前ですけど、強制的に貯まります。

結局、こういうシンプルな方法が、最も効果的であるということを証明した事例だなと思いました。^^

また、1111万円のうちの343万円は、NISAやイデコなどの投資の利益によるものです。

つまり、投資をしていなければ、まだ1000万円は超えていなかったわけです。

ということなので、

「銀行自動引落し」×「投資」

を組み合わせるのが最強ではないかと思います!

門田さんが実行してる、「銀行自動引落し」×「投資」の方法を、無料レポートにまとめました。

無料レポートはこちら↓↓↓

 

▼すでに1万人の方にお読み頂いてます▼

-300名の運用実績を大公開