福岡銀行でつみたてNISAを勧められて、こんな投資信託を提案されました。

こんにちは、鬼塚祐一です。友人が福岡銀行に行ったときの話です。

定期預金の積立を始めるために、福岡銀行の窓口に足を運んだそうです。

福岡銀行には、積立式定期預金「ためる~ん」というものがあります。

普通預金から、毎月、自動的に指定した額を定期預金にしてくれるサービスです。

しかし、友人は、ためる~んではなく、つみたてNISAを勧められたそうです。

つみたてNISAは、とっても、良い制度です。

問題は、つみたてNISAで、どういう商品を積立するのかが大切です。

福岡銀行で勧められた商品は、

・ひふみプラス
・〈つみたてNISA用〉つみたて日本株式(日経平均)
・netWIN ゴールドマン・サックス・インターネット戦略ファンドBコース(為替ヘッジなし)

です。

いずれも、株式で運用する、投資信託です。

株式で運用する投資信託は、高いリターンが期待できます。

でも、リターンが高いということは、リスクはどうなると思いますか?

当然、ハイリスクになります。

では、どれくらいリスクが高いのか?

たとえば、リーマンショックのようなことがあると、60%ほど下落するリスクがあります。

まだ始めたばかりで、積立総額が10万円のときであれば、損失は6万円ですから耐えられるかもしれません。

しかし、これが、ある程度、年数が経ち、積立総額が100万円になっていたら?

損失額は60万円です。

あなたは、これだけの損失に耐えられますか?

ちなみに、私の友人は、投資の知識はゼロです。

まったくのド素人です。

なぜ、そういう顧客にたいして、ハイリスクハイリターンの商品を提案したのか?

福岡銀行の方針なのか?

行員の独断なのか?

私には分かりませんが、いずれにせよ、金融機関に行く前に、まずは、基本的な知識を勉強しておくと安心です。