ジュニアNISAではリバランスが難しいというのは私の思い込みでした。

こんばんは、鬼塚祐一です。私には2人の子供がおります。

2人とも大学資金はジュニアNISAで積立をしています。

ジュニアNISAのメリットはなんといっても20歳まで非課税ということです。

0歳からスタートしたら、なんと20年間も非課税で運用できます。

たとえば、80万円を元手にジュニアNISAで投資信託を買って、6%複利運用できれば、20年後に257万円なってくれます。

普通であれば、利益分から税金が35万円も引かれてしまいます。

35万円ですよ!

しかし、ジュニアNISAだと税金ゼロ、257万円まるまる受取ることが出来るわけです。

すごく良いですよね~。

ただ、ジュニアNISAには払出制限というものがあります。

18歳になるまでは、原則、お金を引き出すことが出来ません。

この払出制限があるため、ジュニアNISAではリバランスをすることが難しいと私は思っていました。

リバランスというのは、ざっくりいうと、値上がりしているものを売って、安くなっているものを買う作業のことだと思って下さい。

そのリバランスをすると運用成績が上がるというデータが日経電子版に掲載されていました。

http://style.nikkei.com/article/DGXMZO88704670Q5A630C1PPE001

さて、リバランスをジュニアNISAでやろうと思ったときに、こういう壁が立ちはだかりました。

値上がりしているものを売る、という作業は、払出制限によって不可能なのではないか?

ところが、よく考えたら問題なくできそうです。

念のため、SBI証券のカスタマーサービスセンターに電話して聞いたら、やはり問題なくできるとのこと。

思い込みはいけませんね~。

そこで、さっそく、子供たちのジュニアNISAでリバランスをするため、昨日、売り注文を出しました。

明日、買い注文を出せば、リバランス完了となります。

はたして、無事にできるのか?

結果はメルマガでお伝えしますね。^^