年利5~6%を目指すなら、日本株、先進国株、新興国株、リート、債券、どれがいい?

こんにちは、鬼塚祐一です。もはや、聞き飽きているかもしれませんが、

銀行預金の利率は、ものすごく低いですよね。

0.001%しかありません。

仮に、100万円を1年間預けても、利息は、たったの10円です。

チロルチョコすら買えません。

そもそも、チロルチョコは今も販売されているのでしょうか?

それはさておき、銀行の金利は低いわけです。

そうすると、もっと高い利率で、貯蓄を増やしたくなるのが人情ではないかと思います。

Q:「年利5~6%を目指したいとき、どれがいいのでしょうか?」

ペンネーム:Mitoさん

つみたてnisaでは株だけつみたてて、債券は国債を買っておけばいい、という方がいます。

株も、日本株、先進国株、新興国株を買うという方と、日本株、先進国株だけ買う、という方がいます。

また、REITには手を出さないほうがいいのか、、

みなさん自信満々に話されるので、何を信じていいか迷ってしまいます。

年利5~6%を目指したいとき、どれがいいのでしょうか?

まずは、各資産のリターンを確認してみましょう。

リターンが高い順に並べます。

・新興国株式8.8%
・外国リート8.0%
・先進国株式5.5%
・先進国債券4.2%
・国内株式4.0%
・国内債券1.8%

上記の数字は、2002年から2018年までの16年間の、年平均リターンです。

単純に、この数字だけ見ると、先進国株式を選んでおけば、希望通りの5~6%になりそうですよね。

ということで、先進国株式だけ買っておけばいいですよ。

という話で片付けるのは、FPとしては、とても不親切な回答になります。

そこで、プロのFPとしての回答を、こちらに書きました。^^