個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始めるなら金融機関はこの6社から選びなさい。

こんばんは、鬼塚祐一です。今日は、テキストを作成しました。

5月26日の名古屋セミナーのテキストです。

初心者向けの定番セミナーで、毎回、新しい情報が入ったときだけ、更新しています。

今回は、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)のページで、大幅な更新をしました。

というのも、今までは、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)をするなら、金融機関は、

・大和証券
・イオン銀行
・楽天証券
・マネックス証券
・SBI証券
・野村證券
・みずほ銀行
・損保ジャパン日本興亜AM
・第一生命

この9社が良いですよ、という話をしてきました。

ところが、先日、松井証券が個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)に新規参入してきました。

これが、また、内容が、良い感じなのです。

ということで、10社になりました。

ただ、10社だと選択肢が多すぎて、どれを選んでいいか分からないですよね。

そこで、この中から、運営管理手数料が無条件で0円のところをピックアップします。

すると、

・松井証券
・大和証券
・イオン銀行
・楽天証券
・マネックス証券
・SBI証券

この6社に絞られます。

では、この6社の中から、どれを選べばいいのか?

ポイントは商品ラインナップです。

5月26日(土)の名古屋セミナーで答えをお話ししますね。

お申込受付の締切りは、1週間後、5月22日(火)24時です。

お席は、残り6です。

満席になりましたら、締切りを待たずに、受付を終了します。お早めに!