意外!年収1000万円の人は老後の年金いくらもらえる?驚きの金額が明らかに!

意外!年収1000万円の人は老後の年金いくらもらえる?驚きの金額が明らかに!

こんばんは、鬼塚祐一です。年収1000万円の場合、将来国から受け取れる年金は、一体いくらなのか?

意外に、あなたが思っている金額と、イメージが違うのではないかなと思います。

では、具体的な数字を見ていきましょう。

まず、国の年金が、どんな風になっているのかについて、お話します。

よく「年金は2階建て」になっているという話を、聞いたことがあるのではないかなと思います。

まず、1階部分は、国民年金(基礎年金)です。

国民年金は、日本に住んでいて、20歳以上であれば、皆さん加入しています。

さらに、会社人や公務員の方の場合は、2階部分に該当する、厚生年金というものがあります。

会社員や公務員の方の場合は、国民年金にプラス厚生年金、この2つを受け取ることができるということになります。

今回は、この国民年金と厚生年金2つが受け取れる場合の、年収1000万円の方の年金について、説明します。

まず、国民年金についてです。

これはいくらもらえるのか?

年間で、78万1700円です。

1年間で78万円、受け取れるということです。

国民年金に関しては、所得が高い低いに関係なく、皆さん一律、78万円です。

一律ではありますが、年金を納めた年数で、変わってきます。

20歳から60歳まで40年間、まるまる国民年金料を納めたとしたら、78万1700円です。

続いて、厚生年金の金額を見ていきます。

計算式は、

平均標準報酬額 × 5.481÷ 1000 × 勤務年数(勤続年数)

です。

これは、分かりやすくするために勤務年数で書いてます。

実際は、厚生年金に加入した年数です。

ですので、厚生年金料を納付した年数と思って下さい。

まず、平均標準報酬額とは何なのか?

毎月の収入によって、標準報酬額は違います。

たとえば、給与が、0円から6万3000円未満の人だと標準報酬は、5万8000円と決まっています。

今回の事例だと、年収1000万円は、月収83万3333円ということになります。

この場合、標準報酬額は83万円になります。

ただ、厚生年金保険料には上限があります。

標準報酬額62万円が、厚生年金保険料の上限になります。

収入が62万円よりも高くなったとしても、将来受け取れる厚生年金は、もうそれ以上、増えません。

ということは、月収が62万円の人と、100万円の人と、200万円の人は、将来、受け取れる年金額は、同額だということが分かるわけです。

年収1000万円の方も、標準報酬額が62万円になるので、それを踏まえた上で計算していきましょう。

62万円 × 5.481 ÷ 1000 × 38年(456ヶ月)= 154万9588円

大学を卒業して23歳から60歳の38年間、働いた前提で計算しました。

38年間は、月数でいうと、456ヶ月になります。

154万9588円が、将来受け取れる、厚生年金です。

この厚生年金と、先ほどの国民年金の2つを合わせるといくらになるかというと、

国民年金 78万1700円 + 154万9588円 = 233万1288円

になります。

これが1年間に受け取れる年金です。

月額でいうと、19万4274円です。

20万円を切る感じですね。

ということなので 、年収1000万円の方が受け取れる、将来の年金は、月に約20万ほどです。

さあ、この年金の金額、聞いていかがでしょうか?

意外と少ない、と思われたのではないでしょうか?

例えば、女性の方で

「年収が高い人と、結婚したいなぁ。」

あるいは、

「年収が高い人と、結婚できたから一生安泰かな。」

と思っていたという方は、意外と受け取れる年金が、少ないということに驚かれたのではないでしょうか?

しかも、年収1000万円だと、今の生活水準も高いはずですよね。

そうすると、それなりの水準の生活を送っていらっしゃることでしょう。

にもかかわらず、老後に、急に月20万円以下の生活にして下さい、と言われても、大変ですよね。

つまり、今のうちにある程度、貯めておかないといけないな、ということです。

実際に、年収が高いご主人様の奥様からよく聞くのが、

「若いうちは気にしてなかったけど、50代になって、ねんきん定期便をちゃんと見るようになりました。」

という話です。

ちゃんと見た結果、

「たったこれだけしか、もらえないの?」

ということが、初めて分かるわけです。

それで、まずい!と思っても、50代になると、お子さんが、まだまだ大学とかでお金が、かかると言う方も、いらっしゃいます。

教育資金が一段落して、ラストスパートで貯めよう、という方もいらっしゃったりします。

今、現在、50代の方は、なんとか貯めようと思えば、貯められます。

しかし、20代、30代の若い世代の方の場合、今の高齢者と同じくらいの年金が受け取れるでしょうか?

どう考えても、減りそうですよね。

退職金も同じです。

たとえば、公務員の方だと、昔は退職金が3000万円くらいあったでしょう。

ところが、今ではどんどん、減らされていてます。

大企業に勤務する会社員も、退職金が減らされている時代です。

そんな時に、慌てないためにも、今から準備しとけば、毎月の積立額も少なくて済みます。

積み立てる手段としては、イデコや、つみたてNISAなど、税金がすごく優遇されてる制度が、 最近は整っています。

そういった手段を上手に活用していくと、「年金たったこれだけか」という時も慌てなくて済みます。

あなたも、老後も豊かな生活を送っていくことが、できるようになりますよ。^^