【9日目】6%運用しながら、所得税や住民税まで安くなる方法

鬼塚祐一です。9日目のメールセミナーです。

6%運用しながら、所得税や住民税まで安くなる方法をお話しますね。

その方法は、イデコです。

イデコの正式名称は、個人型確定拠出年金と言います。

投資信託と同じように効率よく増やせるだけでなく、所得税や住民税まで安く
なるというメリットがあります。

では、どれくらい安くなるのでしょうか?

たとえば、イデコで月2万円積立するとしましょう。

そうすると、年末調整の時に、所得税が最低でも1万2千円戻ってきます。

個人事業主の場合は、確定申告の時に、納める税金が少なくて済みます。

さらに、来年の住民税が2万4千円安くなります。

合わせて、1年間で、3万6千円も税金がお得になるわけです。

24万円積立して3万6千円お得になる、ということは利率でいうと15%
に相当します。

言い換えると、15%のリターンが得られる、と考えることも出来るわけ
です。

これに運用益の6%まで含めて考えると、すごいことになります。^^

ただし、注意点もあります。

原則、60歳まではお金を引き出すことが出来ませんので、老後資金準備の
ために利用するのが基本になります。

なので、たとえば、老後資金はイデコ、子供の大学資金は投資信託、という
ふうに上手に使い分けして下さいね。^^

鬼塚祐一です。いよいよメールセミナーも最終日です。 実は、投資を始める人が増えると、社会全体にとって、良いことが起こり始めます^^ ...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加