【4日目】個人年金で3000万円貯められますか?

鬼塚祐一です。4日目のメールセミナーです。

老後貧乏にならないための貯蓄額の目安は3000万円でしたよね。

では、どうやって貯めましょうか?

たとえば、すぐに思いつく方法といえば、個人年金だと思います。

最近は、銀行の窓口でも個人年金が勧められています。

「定期預金よりも利率が高いから個人年金のほうがお得ですよ。」

という感じです。

では、個人年金で3000万円貯められるでしょうか?

ある銀行の売れ筋の個人年金を例に、ちょっと検証してみましょう。

こういう条件の商品です。

・掛金は月1万円
・60才までの30年間積立をする
・年金は60才から10年間受け取れる

まず、総額でいくら払うことになるかというと、360万円です。

それにたいして、受け取れる年金は、年42万円です。

10年間で420万円受け取れるということになります。

つまり、360万円払って420万円戻ってくるわけですから、60万円の
プラスです。

なかなか、良さそうですよね。

では、3000万円貯めようと思ったら、毎月の掛金はいくら必要になる
でしょうか?

72万円です。

毎月72万円を30年間も積み立て続けることが出来ますか?

しかも老後の生活のためだけに。

他にも、貯めなきゃいけないものは、いくらでもありますよね。

車や海外旅行、教育資金やマイホーム購入などなど。

そう考えると、個人年金とは別の方法を検討する必要があるわけです。

では、どういう方法があるのか?

続きは、次回、お話しますね^^

鬼塚祐一です。5日目のメールセミナーです。 貯蓄を増やしたいなら絶対に知っておくべき金利のキホンがあります。 ただ、金利といっ...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加