【3日目】老後貧乏にならないために必要な貯蓄額は?

鬼塚祐一です。3日目のメールセミナーです。

老後貧乏にならないために必要な貯蓄額は?というテーマでお話します。

たとえば、昨日の事例では、老後資金の目標額が5000万円になってま
したよね。

なぜ、彼女が5000万円に設定したのかを解説します。

定年退職後は1ヶ月の生活費が30万円は必要だと考えました。

仮に平均余命まで生きたとしたら、生活費の総額はいくらになるでしょうか?

なんと1億80万円です!

ちなみに日本人女性の平均余命は88歳です。^^

それにたいして、老後の収入といえば、年金になります。

一般的には、夫婦2人分で総額5000万円ほどの年金が受け取れます。

5000万円の年金が受け取れるわけですが、生活費の1億80万円に
たいしてまったく足りませんね。

5080万円も不足してしまいます。

老後資金の目標額を5000万円にしたのは、こういう理由からです。

ただ、年金の金額や、生活費がいくらかかるか?は一人ひとり違いますよね。

なので、目標額も人それぞれです。

たとえば、日経新聞やマネー雑誌でよく見かけるのは、最低でも3000万円
以上、という数字です。

ですから、3000万円をひとつの目安に考えると良いかと思います。

あるいは、金融庁が発表した、老後2000万円問題を基準に考えてもオーケーです。

私もセミナーでは2000万円でお話することが多いです。

では、どうやって貯めればいいのか?

具体的な方法は次回以降でお話していきますね。^^

鬼塚祐一です。4日目のメールセミナーです。 老後貧乏にならないための貯蓄額の目安は3000万円でしたよね。 では、どうやって貯...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加