生命保険の支払いが50万円も少なくなった!保障を下げずに、掛金を安くすることはカンタンです。

こんにちは、鬼塚祐一です。生命保険の見直しで、保険料の支払いが50万円も少なくなった事例です。

あなたなら、浮いた50万円を、何に使いますか?

家族で、クルーズ旅行に1週間ほど行ける金額ですね~。

さて、今回、見直しをした生命保険は、収入保障保険という商品です。

ご主人がお亡くなりになると、毎月、保険金が受けとれるというものです。

マニュライフ生命の月10万円受け取れる収入保障保険に加入していらっしゃいました。

保険料は月3800円ほどです。

十分、安いですよね。

悪くありません。

しかし、せっかくの機会なので、月10万円受けとれるタイプで、もっと安いものがないか比較ツールを使って探してみました。

すると、ありました。

まず、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命だと、2830円でした。

1000円ほど安くなります。

他にも安い保険会社が3社ありました。

一番安いところだと、2191円です。

マニュライフ生命よりも、1600円ほど安くなりました。

保障は65歳まで、支払いも65歳までです。

65歳までの保険料の支払総額で計算してみると、約50万円も少なくて済みます。

しかも、保障額は、月10万円と、見直し前と同額です。

このように、保障を下げることなく、掛金だけ安くすることはカンタンです。

比較ツールに年齢と性別を入れて、ポチッとして比較するだけです。

同じように、医療保険やがん保険も比較すると、もっとお得になります。

その比較ツールを5月のセミナーに持っていきますね。

「私の年齢だと、どの保険が一番安いですか?」

みたいな超個人的な質問もオーケーです。

あなたも保険も、保障額を下げずに、掛金が安くなりますよ。^^