日産の確定拠出年金、50代の方が133万7410円のプラス!

こんにちは、鬼塚祐一です。日産自動車では企業型確定拠出年金が導入されていますよね。

きちんと活用できていますか?

今回は、日産自動車にお勤めされている50代の方の事例です。

4年前に企業型確定拠出年金の見直しをしました。

これまでの拠出総額は、313万7670円です。

それが今、447万5080円に増えてくれています。

133万7410円のプラスです。

具体的に、どのような見直しをしたのか?

やったことは2つです。

毎月の掛金の商品配分変更と、すでに保有していた商品のスイッチングです。

選んだ商品は、

・DIAMDC国内株式IDX
・フィデリティ・日本成長株
・みずほ信託インデックスS
・三井住友TDC日債S
・大和投信DC外債インデックス

です。

この5本を、黄金比率で組み合わせました。

しかし、日産自動車にお勤めの多くの方は、確定拠出年金を初期設定のままにしています。

初期設定のままだと、定期預金に入れっぱなしになっています。

定期預金の利率なんて、今や、0.01%程度しかありません。

100万円預けても、1年間で受け取れる利息は、たったの100円です。

ですから、確定拠出年金で定期預金を選んでいる日産の社員の方は、ぜんぜん、お金が増えていません。

つまり、見直した人と、していない人とでは、この4年間で、133万円も差がついてしまったわけです。

この差が、60歳のときに、退職金の差となって現れます。

逆に言うと、日産の社員の方は、確定拠出年金をきちんと活用できると、同僚よりも、多くの退職金が受けとれるわけです。

あなたも確定拠出年金で効率良く増やせるようになりませんか?