投資信託

auの資産運用の口コミは?メリットとデメリットを徹底検証!auカブコム証券

こんばんは、鬼塚祐一です。

本日は、auの資産運用の口コミは?メリットとデメリットを徹底検証!というテーマで、お話していきたいと思います。

私の周りを見渡すと、auの資産運用をしている方は、いませんので、実際の口コミがどうなのかは、分かりません。

ですので、今回はauの資産運用のホームページを見て、私の目線で、チェックして、メリットとデメリットを検証します。

まず、auの資産運用とは、何なのか?

現在、auは、保険や、auでんきなど、様々な事業を、展開していますよね。

auの資産運用も、その内の1つです。

auの資産運用のメリットは、

・100円から投資できる。
・口座の維持費が、ずっと0円。

とauの資産運用のホームページに、記載されてます。

ですが、このメリットは、今の投資の世界では、当たり前のことになっています。

他の会社も、ネット証券であれば、SBI証券や楽天証券や、マネックス証券なども基本的に、100円から買えます。

口座の維持費も、上記の証券会社は、0円です。

昔は、証券会社の口座を持ってるだけで、手数料がかかることが、ありましたが、現在は、0円が基本になっています。

ですので、auの資産運用のメリットは、特段目新しいものでもない、ということになりますが、一応メリットということになっています。

auの資産運用のホームページを見ますと、まずは無料口座開設のボタンの下に、小さくauカブコム証券にて口座開設と、書いてあります。

これは、どういうことなのか?

「なぜauの資産運用で、証券会社が、登場しているのか?」

と思われるかもしれません。

それに関しては、auの資産運用のホームページの下の、※印のところを見ますと、

※「auの資産運用」とはKDDIが、金融商品仲介業者として、委託金融商品取引業者である、auカブコム証券の証券口座開設のお申し込み、取り次ぎ、および取引の勧誘を行うサービスです。

と書いてあります。

KDDIという会社が、金融商品仲介業者として、auカブコム証券の代理店をやってますよ、という意味です。

金融商品仲介業者のことを、IFAという言い方をしますが、IFAという言葉を、聞いたことはありますか?

IFAとは、証券会社の代理店のようなものだと思って下さい。

カブコム証券の代理を、KDDIが行っていますよ、という感じになります。

こうしたケースは、最近増えてきております。

SBI証券や、楽天証券の代理店をしているところもあります。

例えば、私が独立する前に勤めていた、FP事務所は、エース証券という会社のIFAをしていました。

ですので、auの資産運用は、何かというと、

「auカブコム証券に、口座を作って、投資信託を買いませんか?株式に投資しませんか?」

というお誘いみたいな感じです。

auの資産運用をするメリットは何があるのか?

ホームページに、auのID認証で入力、ラクラク3分で登録完了!と記載されています。

普通なら証券会社での、口座開設は、登録作業が、面倒くさいイメージありますよね。

ですが、auのスマートフォンを持っていれば、自分の情報は、例えば、住所や電話番号などは、auが全部分かっているわけです。

すぐに開設できる。

これが、auの資産運用のメリットなのかな、という感じです。

そして、auカブコム証券、この会社名は、あまり聞き慣れないかも知れませんが、元々は、カブドットコム証券という会社名でした。

auカブコム証券の会社の、会社名が昔から現代にかけて、どう変わっていったかを見ていきます。

2019年の12月に、auカブコム証券に名前が変わりました。

なので、比較的、最近の話ですね。

その前は、カブドットコム証券株式会社でした。

さらに、その前は、イー・ウイング証券株式会社という名前でした。

1番最初は、イー・サンワ株式会社という会社名でした。

三和銀行(現 三菱UFJ銀行)が出資して作っています。

そうした流れがあって、今は、auカブコム証券になりました、ということですね。

次に、auの資産運用のメリットの2つ目です。

投資信託を買うと、Pontaポイントが、もらえることです。

最近、ポイ活してる人は、多いですよね。

私もPontaカードは、持っていて、ローソンで、お買い物する時に出しているので、Pontaポイントが、貯まっています。

auの資産運用は、Pontaポイントが、もらえるだけではなく、使うこともできます。

最近、証券会社でも、ポイントが貯まったり、ポイントが使えたりするところが、増えてきました。

例えば、SBI証券は、Tポイントが貯まったり、使えたりします。

それから楽天証券だと、楽天ポイントが、貯まったり、使えたりします。

そして、auカブコム証券、auの資産運用だと、Pontaポイント、ということですね。

ポイントも証券会社によって、特色が出てきて、面白くなってきたなと思います。

では、Pontaポイントの還元率はどれくらいなのか?

auの資産運用のホームページの、下の方に、載っています。

ポイント加算条件のところを見ますと、これは投資額によっても、変わってきます。

投資額が、100万円未満の場合は、年率0.05%です。

このポイント還元率は、SBI証券や、楽天証券とほとんど変わりません。

SBI証券のTポイントと、楽天証券の楽天ポイントの、還元率が年率0.04%ちょっとになります。

Pontaポイントの還元率の方が、0.01%、ほんの少しだけ、高いかなという感じですね。

Pontaポイントの還元率は、100万円以上になると、年率0.12%なるので、これは、SBI証券や、楽天証券よりも、ポイント還元率が高くなります。

実際のところ、年率0.12%なので、そんなに、高くはありませんが。

例えば、100万円の0.12%を、計算してみると、1200円です。

もし、1000万円を、資産運用しているなら、1万2000円になるので、1000万円以上になってくると、お得感が出てくるのかなと思います。

auの資産運用は、Pontaポイントを、普段から貯めている、使っている方は、いいのかなということです。

それから、冒頭のメリットでもお伝えしましたが、auの資産運用は、他のSBI証券や、楽天証券と同じように、100円から積立ができます。

私が積立する時に、気にするのは、引き落とし口座がどうなっているのか、ということです。

なぜかというと、積立は、毎月のことなので、例えば、毎月、振り込みしないといけないとか、入金しないといけないとなると、私は面倒で、やらなくなってしまうんですね。

いかに手間をかけないか、というのが、私のモットーです。

投資に、あまり時間を、かけたくありません。

投資に時間をかける暇があるなら、家族で美味しいものを食べに行ったり、息子と将棋をする時間を作ったり、テレビを見たり、旅行に行く計画を立てたり、他のことに時間を使いたいわけです。

また最近は、読書する時間が、なかなか取れていません。

ですので、読書する時間を意識して、取るようにしています。

どうしても仕事関係の本が、多くなってしまいますが、仕事と関係のない本を読む時間も、取っていきたいなと思っています。

私は、大学生時代から20年以上、村上春樹さんの大ファンで、2020年には、短編集が発売されましたが、それもまだ、読めてないという状況です。

好きな本も読めていないのに、投資に時間をかけてしまえば、もう一生読めなくなってしまいます。

なので、私は、投資には時間を極力使わないで、プライベートを充実させたい、また、仕事をもっと頑張りたいと思っています。

ということで、引き落とし口座は、大変重要です。

auカブコム証券の場合、ご利用可能金融機関、つまり対応している、引き落とし口座を確認すると、いくつか口座を選べますが、限られています。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、auじぶん銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、スルガ銀行、大垣共立銀行、です。

この中で、私が持っている、銀行口座は、ゆうちょ銀行と、ジャパンネット銀行です。

ゆうちょ銀行は、以前使用していましたが、現在は、全然使っていません。

また、ジャパンネット銀行の口座は、開設したのみで、一回も使用したことはありません。

自分が、普段から使ってる銀行口座が、選択できると一番良いですよね。

私の場合だと、楽天銀行から引き落としが、できれば一番いいなという感じなのですが、それは、選択できないということです。

(※後日、確認したら、「その他金融機関からの自動引落」というのがありました。すみません。)

今回は、auの資産運用について、メリットとデメリット検証してまいりました。

auの資産運用の中身は、基本的には、投資信託で積立しています。

もちろん、株も購入できますが、投資信託で、Pontaポイントが、貯まったり、使えたりするので、投資信託で、運用する人が多いのかなという印象です。

投資信託で効率よく増やす方法は、こちらに書いています。^^

 

▼すでに8200名の方にお読み頂いてます▼

-投資信託