東京海上日動あんしん生命の変額保険マーケットリンクの裏話を教えて頂きました。

こんにちは、鬼塚祐一です。保険ショップが勧める運用商品といえば、

ちょっと前までは、アクサ生命のユニットリンクが主流でした。

ところが、最近は変わってきているようです。

2017年8月2日に、東京海上日動あんしん生命が変額保険マーケットリンクを販売しました。


https://www.tmn-anshin.co.jp/kojin/hengaku/marketlink/

ユニットリンクの丸パクリ商品と言われています。(笑)

名前まで寄せてきてますよね。

ということで、東京海上日動あんしん生命の変額保険マーケットリンクについて、検証していきます。

ある保険代理店経営者の方から、裏話を教えていただきました。

ある大手保険ショップは、店頭スタッフに、東京海上日動あんしん生命のマーケットリンクを販売するように、熱心に指導しているそうです。

なんでなのかな~と思っていたら、ある保険代理店経営者の方から、裏話を教えていただきました

初年度ACが最高で80%ほどあるそうです。

初年度ACというのは、保険ショップが、保険会社から1年目に貰える報酬です。

たとえば、あなたが、月払い保険料2万円の契約をしたとしましょう。

その2万円の12ヶ月分、24万円のうちの80%が報酬として入るのです。

金額でいうと、21万6千円です。

かなり、大きな金額です。

1ヶ月で、わずか、5人契約してくれるだけで、108万円の収入です。

1日1件売れたら、月商648万円です。

すごい世界ですよね~。

では、東京海上日動あんしん生命の変額保険マーケットリンクは、運用商品としてはどうなのか?

マーケットリンクの評判と口コミ

マーケットリンクの業界内での評判は、先程もお伝えした通り、

「アクサ生命のユニットリンクの丸パクリ商品だよね」

というものです。

私のところにも、口コミでまわってきました。

たしかに、商品名まで似てますしね。

この2つの商品、生命保険と投資信託がセットになっている、という点は同じです。

では、何か違うところはないのか?と思い調べてみました。

すると、

特別勘定で選べる投資信託に、大きな違いがあることが分かりました。

アクサ生命のユニットリンクは、アクティブファンドが多くラインナップしています。

それにたいして、東京海上日動あんしん生命の変額保険マーケットリンクは、特別勘定で選べる商品、すべて、インデックスファンドでした。

インデックスファンドというのは、手数料が安い投資信託、と思って頂くと分かりやすいと思います。

そのため、投資初心者に優しいと、口コミで評判です。

プロの評価も高いです。

運用関係費(手数料)については、マーケットリンクに軍配が上がる結果となりました。

投資信託について、もっと詳しく知りたい場合は、こちらでサクッと学べます。^^

運用レポート、運用実績は加入前でも、ホームページで確認できます。

マーケットリンクの加入する前に、きちんと増えているのか、運用実績が気になりますよね。

東京海上日動あんしん生命の、「変額保険・変額年金保険情報サイト」で確認できますよ。

https://fl.tmn-anshin.co.jp/product/index_pro.html

契約者じゃなくても誰でも見れます。

まず、「ユニットプライス」をクリックしてみましょう。

次の画面が開いたら、「過去のユニットプライス検索」をクリックします。

https://fl.tmn-anshin.co.jp/product/index_pro.html

すると、「特別勘定を選択して下さい。(複数選択可)」という画面が表示されます。

運用実績が知りたい、特別勘定を選びます。

特別勘定というのは、マーケットリンクの中で選べる、投資信託のことです。

https://fl.tmn-anshin.co.jp/product/index_pro.html

今回は、

・国内株式型
・外国株式型
・外国債券型

を見てみましょう。

期間は、設定来を選びます。

https://fl.tmn-anshin.co.jp/product/index_pro.html

設定来というのは、発売されてからの運用実績が表示されますよ、ということです。

「表示・取得したいデータを選択して下さい。」のところで、推移グラフを選択します。

https://fl.tmn-anshin.co.jp/product/index_pro.html

すると、3つの商品の過去の運用実績がまとめて見れますよ。

https://fl.tmn-anshin.co.jp/product/index_pro.html

わりと見にくいですね。^^

ちなみに、東京海上日動あんしん生命のマーケットリンクで選べる、投資信託は、すべてインデックスファンドです。

インデックスファンドは、市場平均に連動するタイプの商品です。

市場平均に連動するというのは、どういう意味なのか?

たとえば、国内株式型は、TOPIXに連動しています。

TOPIXって、テレビのニュースで何となく耳にすることがありませんか?

東証株価指数と言われるものです。

まず、東証というのは、東京証券取引所のことです。

東証の1部に上場している会社が約2100社あります。

国内株式型は、その2100社に投資することで、TOPIXに連動しています。

これは、東京海上日動あんしん生命のマーケットリンクの国内株式型に限らず、他のインデックスファンドも同じことが言えます。

では、商品によって、運用実績に差がつくでしょうか?

ほどんど差はありません。

なぜなら、どの商品も、同じ2100社に投資しているからです。

ただ、最終的に、あなたが受け取れる金額は、商品によって、差が出てきます。

その理由は、信託報酬です。

信託報酬というのは、運用してもらうための、手数料だと思って下さい。

これは、商品ごとによって違います。

信託報酬が低ければ、低いほど、受け取れる手取りが増えるわけです。

https://www.tmn-anshin.co.jp/kojin/hengaku/marketlink/risk/

マーケットリンクの国内株式型は、0.33%です。

では、他に、もっと安いインデックスファンドはないのか探してみましょう。

https://site0.sbisec.co.jp/marble/fund/powersearch/fundpsearch.do?

0.154%のものがあります。

しかも、いくつも。

このように、信託報酬まで調べていくと、より効率よく貯蓄を、増やせるようになりますよ。^^