ソニー生命の変額保険は解約します。

こんばんは、鬼塚祐一です。けっこう加入している人が多いですね。

ソニー生命の変額保険、バリアブルライフとも言われている商品です。

ところが、最近、「このまま契約を続けてもいいのでしょうか?」というご相談が増えております。

ソニー生命の変額保険(バリアブルライフ)が、本当に効率よく増えてくれるのか?

一緒に検証してみましょう。^^

「ソニー生命の変額保険は解約します。」という声が増えている理由

とりわけ目立つのが、世界株100%というふうに指定しているケースです。

「モルガンスタンレーが運用していて、すごい運用成績なんですよ。」

という感じで提案されて、その通りに契約していらっしゃいます。

たしかに、運用成績は良いです。

では、ソニー生命の変額保険の設計書を見て下さい。

契約する前に受け取っているはずですから、たぶん、保険証券と一緒に保管していると思いますよ。

設計書のどこを見るかというと、解約返戻金のシミュレーションです。

3つのシミュレーションが掲載されていますよね。

0%だった場合いくら受け取れるのか、次が3.5%、そして7%というふうに。

ソニー生命の変額保険のパンフレットを見ると、35歳男性の事例が載っています。


http://www.sonylife.co.jp/examine/lineup/list/pdf/OA10.pdf

仮に、モルガンスタンレーが今後も頑張ってくれて、7%で運用できたとしましょう。

25年後を見て下さい。

支払う保険料は合計で823万円です。

それにたいして、解約したときに受け取れる金額はいくらでしょうか?

7.0%の場合のオプションAの25年後を見て下さい。

1061万円です。

払った保険料より238万円も増えてくれます。

嬉しいですよね~。

ところが、ここで、ひとつ確認しておいたほうが良いことがあります。

本当に7%で増えているの?ということです。

ちょっと検証してみましょう。

このパンフレットの事例では、毎月の保険料は2万7440円です。

2万7440円を積立して7%で運用したら25年後いくらになるか計算してみます。


http://guide.fund-no-umi.com/tools/comp.html

2160万円という結果になりました。

ソニー生命の変額保険だといくらでしたか?

1061万円でしたよね。

その差はなんと1000万円以上もあります。

さて、この1000万円はいったいどこに消えたのでしょうか?

ソニー生命の収入になっているわけです。

ということで、最近、

「ソニー生命の変額保険は解約します。」

という声をけっこう耳にします。

で、解約した後、どうしているかというと、投資信託の積立を始めています。

投資信託もちょっと手数料はかかりますけど、同じように試算してみると、2097万円になってくれます。

やはり、ソニー生命の変額保険より、1000万円以上多いですね。

あなたも賢くお金が増やせるようになりますよ。^^

ソニー生命の変額保険とSBI証券の投資信託を比較してみました。

ソニー生命の変額保険は、お子さん名義で加入しているケースもよく見かけます。

変額保険というのは、保険ですが、運用は投資信託でおこないます。

では、提案書に記載されているシミュレーションを見てみましょう。


http://ameblo.jp/silknosanpo/entry-12044085527.html

0%、3.5%、7%、の3つのパターンがあります。

どのパターンも支払う保険料の総額は137万円です。

では、7%の15年後の解約返戻金を見て下さい。

この時に解約すると、返戻金が172万円となっています。

死亡保障は353万円です。

悪くないですよね。^^

では、もし、ソニー生命の変額保険でなくて、SBI証券の投資信託で同じく7%運用だとどうなるのか?

270万円になってくれます。

運用利率は7%と同じなのに、ソニー生命の変額保険よりも、約100万円も多いです。

お子さんに渡してあげられるお金が100万円も違ってくるわけです。

ソニー生命の変額保険も良い商品ですが、投資信託のことが理解できると、より効率よく増やすことが可能ですよ。^^

ソニー生命のバリアブルライフをすすめられ、「死亡保障をつけると運用に失敗しても安心です。」と言われましたが、どう思われますか?

ソニー生命のバリアブルライフをすすめられ、加入を迷っている方よりご質問をいただきました。

1.老後の資金にソニー生命のバリアブルライフでの運用が人気のようですがどう思われますか?

「死亡保障をつけると運用に失敗しても安心です。」

といわれましたが、保障をつけるとそれなりのコストもかかりそうですが、、、。

2.投資信託では、500~700万くらいのまとまったお金があれば、3000万くらいの老後資金をつくることは可能でしょうか?

ご指摘の通り、死亡保障がもれなくついてくるので、コストが高くなります。

では、なぜ、ソニー生命のバリアブルライフは人気があるのか?

マネー雑誌などのランキングを見ると、ソニー生命のバリアブルライフが、よく1位になっていますよね。

注意点は、あくまでも、終身保険のなかで選ぶなら1位ですよ、ということです。

私も、終身保険に加入するなら、ソニー生命のバリアブルライフに加入します。

ただ、死亡保障は富士生命の収入保障保険でバッチリ確保していますので、そもそも終身保険は必要ありません。

終身保険は不要なので、ソニー生命のバリアブルライフは選択肢から外れます。^^

それから、元手が700万円あれば、3000万円の老後資金は達成可能ですよ。

年齢が分からないので、事例を使ってシミュレーションしてみますね。

700万円で投資信託を購入します。

6%複利運用できれば、25年後に3004万円になってくれます。

仮に、40歳の方であれば、65歳のときに達成できるわけです。

あなたも効率よく増やせるようになりますよ。^^