自衛官が老後も安心して生活していくためには、いくら貯蓄しておけばいいのか?

こんにちは、鬼塚祐一です。ご主人が自衛官、という主婦の方からよくある質問です。

「自衛官は定年退職が早いので、老後が心配です。」

では、いくら貯蓄しておけば、老後も安心して生活できるのでしょうか?

個人差はありますが、目安は3000万円です。

退職金や若年給付金とは別に、3000万円というのがベストです。

では、どうやって貯めればいいのか?

真っ先に思いつくのは、防衛省共済組合の貯金だと思います。

普通の銀行の預金よりもかなり金利が高いですよね。

ところが、4月から金利が下がることが決定しています。

それに、上限額が決まっていますよね。

そう考えると、防衛省共済組合の貯金だけで、3000万円を達成するのは難しいと思われます。

そこで、次の候補として、個人年金があります。

年末調整のときに個人年金保険料控除も使えてお得です。

では、個人年金で3000万円貯めるためには、毎月の掛金はいくら必要になると思いますか?

30歳、40歳、50歳と年代別に必要額を計算して、今、パワポに入力中です。^^

このパワポは、自衛官のための一生お金に困らない!ラクラク貯蓄セミナーで使用します。

3月25日に東京新宿で開催します。

募集を開始するときはメルマガでご案内しますね。