郵便局で勧められた投資信託、このまま持ち続けて大丈夫ですか?

こんにちは、鬼塚祐一です。大阪セミナーの質疑応答の時に、

「郵便局で勧められた投資信託、このまま持ち続けて大丈夫ですか?」

という質問があって、実際のパンフレットをお持ちでしたので、それを見ながら検証してみました。

商品名は、

「エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型)為替ヘッジあり」

です。

このまま持ち続けていいか?を考えるためには、3つのチェックポイントがあります。

その3つのポイントを本日お昼12時にメルマガで配信しました。^^

登録している場合は、受信ボックスをご確認下さいませ。

せっかくなので、メルマガで配信した内容を掲載しますね。

このまま持ち続けていいか?を考えるためには、3つのチェックポイントがあります。

・エマージング
・毎月決算型
・為替ヘッジあり

では、順番に説明していきますね。

まず、エマージングというのは、新興国のことです。

新興国は良いときと悪いときの変動がかなり激しいです。

たとえば、中国ショック以降、激しく暴落しております。

つまり、初心者向けではない、と考えられます。

次に、毎月決算型というのは、毎月、お小遣いのように分配金が振り込まれてくるタイプです。

お小遣いがもらえたら嬉しいかもしれませんが、複利を活用した資産形成が出来ませんので、若い人向きとは言えません。

最後に、為替ヘッジありというのは、為替の予約をするというような意味合いです。

メリットは円高になっても損失が出ません。

逆に、デメリットは円安になっても、利益が得られません。

リスクが取れない高齢者には良いかもしれませんが、お金を増やしていきたい若い人には向かないと考えられます。

このように考えると、解約して別の投資信託に乗り換える、という選択肢も候補に挙がってきます。^^

メルマガでは、このような内容を配信中です。

今後は見逃さないように、今のうちにメルマガ登録しておいて下さいね。^^