つみたてNISAやイデコなどが次々に登場していますが、資産運用のキホンは変わりません。^^

こんにちは、鬼塚祐一です。金融の世界は日々変化しています。

たとえば、私が独立した4年前は、つみたてNISAは、存在していませんでした。

イデコという呼び方もなく、個人型確定拠出年金と言っていました。

「分かりやすいご説明で、年々頭が固くなっている私でもスムーズに理解する事が出来ました。」

という東京での対面の個別相談の感想を頂きましたので、ご紹介しますね。

鬼塚先生、お早うございます。

昨日は対面コンサルで大変お世話になりありがとうございました。

皆さんが、セミナー後やコンサル後に感じている通りにとても分かりやすいご説明で、年々頭が固くなっている私でもスムーズに理解する事が出来ました。

イデコの書類の投函は明日にでも行い、つみたてNISAの仕上げは、いただいたテキストを見ながら行いたいと思っております。

年齢に伴い、良いことよりそうでないことが増えて来ているのですが、鬼塚先生のおかげで60歳からの不安も少しは解消出来そうです。(笑)

ありがとうございます。

あとは、ほったらかしながら、忘れがちなリバランスを1年に1回行い日々過ごして行こうと思います。

この2つだけでも大満足ですが、今後はまたリバランス、生命保険の事やその他、ご相談をお願いする時はどうぞ宜しくお願い致します。

喉がお辛そうでしたが、お大事にして下さいね。

このような感想でお役に立つのであれば、メルマガ等でもお使い下さい。

新しい商品や制度が、次から次に登場していますが、資産運用のキホンは変わりません。

基本さえ分かれば、新しいものも、スムーズに理解できますよ。

東京での対面の個別相談は、4月の枠まで予約がいっぱいです。

5月以降の枠を募集するときは、メルマガでご案内しますね。