ジュニアNISA

教育資金準備は一般NISAとジュニアNISAではどちらがいい?

おはようございます、鬼塚祐一です。教育資金を準備する方法としては、

・学資保険
・低解約返戻金型終身保険

が定番かと思いますが、うちの子供は、ジュニアNISAで貯めています。

保険でお金を貯めると、デメリットが7つもあるからです。

さて、基本は、ジュニアNISAなのですが、親の名義で一般にNISAで貯めてもオーケーです。

どういう場合に一般NISAがいいのか?

たとえば、大学資金だけではなくて、中学や高校でも、お金を使いたい場合です。

ジュニアNISAは18歳になるまで原則引き出せません。

それにたいして、一般NISAであれば、いつでも引き出せます。

ただ、ジュニアNISAは20歳まで非課税で運用できるという、強力なメリットがあります。

他にも比較ポイントがありますので、どちらが良いかは人それぞれです。

「じゃぁ、私の場合はどちらがいいの?」と思われるあなた!

FPラボで解決できますよ。^^

 

 

賢く増やす貯蓄講座!10日間無料メールセミナー
 
鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402


お金が貯まった事例
自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(電話、スカイプ、電話)
テレビ出演実績
福岡、糟屋、春日、大野城、久留米、鳥栖、北九州、小倉などから、対面コンサルティングにお越し頂いております。電話相談・スカイプコンサルは全国対応です。

ファイナンシャルプランナーへの相談、貯蓄、資産運用、投資、確定拠出年金、ジュニアNISAなどお任せ下さい。



2017-11-26 | Posted in ジュニアNISAComments Closed