国民年金基金と個人型確定拠出年金、それぞれメリットとデメリット

おはようございます、鬼塚祐一です。セミナーで確定拠出型年金の話をすると、個人事業主の方から、こういう質問が出ます。

「国民年金基金はおすすめしないのですか?」

では、国民年金基金と個人型確定拠出年金、それぞれメリットとデメリットをお話しますね。

まず、メリットは、どちらも、掛け金が全額、所得控除できます。

つまり、税金がお得になります。

しかし、国民年金基金は利率が低いというデメリットがあります。

確定拠出年金であれば、きちんと運用できれば、効率良く年金を増やすことが出来ます。

ただし、運用の知識が必要になります。

でも、ご安心下さい。

これを読んでおけばカンタンです。^^