住宅ローン控除もイデコもどちらのメリットも得られますよ。

おはようございます、鬼塚祐一です。住宅ローンを組むと住宅ローン控除が使えますよね。

所得税がずいぶん戻ってきます。

すると、イデコをしても節税メリットが得られないのでは?

という疑問が生じるかと思いますので、お答えしますね。

まず、税金の計算の流れとして、イデコの所得控除を先にします。

その後、住宅ローン控除の税額控除を計算します。

所得税で引ききれなかった分は、住民税が安くなります。

たとえば、イデコで月2万円の積立を開始するとしましょう。

所得税率が20%で、所得税を40万円納めているとします。

このケースの場合、まず、イデコの節税効果で4万8千円、所得税が安くなります。

40万円-4万8千円=35万2千円

仮に、この状況で、住宅ローン控除が40万円だと、どうなると思いますか?

せっかく40万円も控除枠があるのに、戻ってくる所得税が35万2千円しかありません。

でも、ご安心下さい。

先ほどお話ししたように、引ききれなかった4万8千円は、住民税から引いてくれます。

住宅ローン控除とイデコの両方のメリットを享受することが出来ますね。^^

ただし、イデコを節税のためだけに使うのはもったいないです。

効率よく増えてくれるのが、イデコの良いところなのです。

イデコの増やし方は、こちらを読んでおいて下さいね。