iDeCo イデコ 個人型確定拠出年金

住宅ローン控除もイデコもどちらのメリットも得られますよ。

おはようございます、鬼塚祐一です。住宅ローンを組むと住宅ローン控除が使えますよね。

所得税がずいぶん戻ってきます。

すると、イデコをしても節税メリットが得られないのでは?

という疑問が生じるかと思いますので、お答えしますね。

まず、税金の計算の流れとして、イデコの所得控除を先にします。

その後、住宅ローン控除の税額控除を計算します。

所得税で引ききれなかった分は、住民税が安くなります。

たとえば、イデコで月2万円の積立を開始するとしましょう。

所得税率が20%で、所得税を40万円納めているとします。

このケースの場合、まず、イデコの節税効果で4万8千円、所得税が安くなります。

40万円-4万8千円=35万2千円

仮に、この状況で、住宅ローン控除が40万円だと、どうなると思いますか?

せっかく40万円も控除枠があるのに、戻ってくる所得税が35万2千円しかありません。

でも、ご安心下さい。

先ほどお話ししたように、引ききれなかった4万8千円は、住民税から引いてくれます。

住宅ローン控除とイデコの両方のメリットを享受することが出来ますね。^^

ただし、イデコを節税のためだけに使うのはもったいないです。

効率よく増えてくれるのが、イデコの良いところなのです。

イデコの増やし方は、こちらを読んでおいて下さいね。

 

 

賢く増やす貯蓄講座!10日間無料メールセミナー
 
鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402


お金が貯まった事例
自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(電話、スカイプ、電話)
テレビ出演実績
福岡、糟屋、春日、大野城、久留米、鳥栖、北九州、小倉などから、対面コンサルティングにお越し頂いております。電話相談・スカイプコンサルは全国対応です。

ファイナンシャルプランナーへの相談、貯蓄、資産運用、投資、確定拠出年金、ジュニアNISAなどお任せ下さい。



2017-06-06 | Posted in iDeCo イデコ 個人型確定拠出年金Comments Closed