頭金ゼロで家を買う3つのメリット。

こんにちは、鬼塚祐一です。頭金ゼロで家を買う3つのメリットをお話ししますね。

まず、住宅ローン減税ってありますよね。

住宅ローン残高の1%が所得税から控除されます。

仮に住宅ローン残高が4000万円だと、40万円も所得税が戻ってくるわけです。

では、頭金を400万円入れたとしたら、どうなりますか?

残高は3600万円ですから、戻ってくる税金は36万円に減ってしまいます。

次に、住宅ローンを組むと、もれなく生命保険が付いてきますよね。

団体信用生命保険、いわゆる、団信(だんしん)です。

もし、住宅ローンの契約者がお亡くなりになったら、住宅ローンの支払はそこで終了になります。

では、頭金を400万円入れて、万一、その直後、お亡くなりになったら、どうなるでしょうか?

3600万円の残債は払わなくて済みます。

しかし、頭金として入れた400万円は戻ってくることはありません。

頭金を入れていなければ、住宅ローンが終わって、現金400万円も手元に残ります。

最後に、400万円を元手に運用して増やすことが可能です。

ちょっと比較してみましょう。

頭金を400万円入れた場合に節約できる利息と、400万円元手に運用して受けとれる利益を。

まず、節約できる利息を計算してみます。

金利1%、返済期間35年の場合、節約できる利息は74万円です。

返済総額が74万円減るわけですから、けっこう大きいですよね。

それにたいして、400万円を元手に35年間6%で運用できたら受けとれる利益は?

2674万円の利益です。

いかがですか?

以上が、頭金ゼロで家を買う3つのメリットです。

6%運用のやり方はこれを読むと分かりますよ。^^