郵便局に行ったら、かんぽで500万円貯めませんか?とチラシをくれました。

こんばんは、鬼塚祐一です。所用があり郵便局に行きました。

すると、

「かんぽで500万円貯めませんか?」

と、60歳満期 新フリープランと書いてあるチラシをくれました。

商品のジャンルは普通養老保険です。

この商品で積立すると、60歳のときに、たしかに500万円貯まります。

途中で死んだら、家族が保険金を500万円受け取れます。

入院すると、1日あたり7500円受け取れます。

では、保険料はいくらでしょうか?

私の年齢、39歳の欄を見ると、2万4800円となっています。

では、2万4800円を60歳まで払うと、総額ではいくらになるのでしょうか?

計算してみましょう。

2万4800円×12ヶ月×21年=624万9600円

約625万円も払うことになります。

満期で受け取れる金額はいくらだったでしょうか?

500万円でしたよね。

増えるどことか、125万円も、元本割れしていまいます。

まぁ、でも死亡保障と医療保障がついてますから、そのための掛け捨ての保険と思えばいいのかもしれません。

しかし、ある疑問が残ります。

もし、私が59歳のときに死んだら?

59歳までに払う保険料の合計額は595万2000円です。

それにたいして、家族が受け取れる保険金は500万円です。

なんと、死んでも、元本割れしてしまうではないですか!

ということは、この保険で損をしないためには、60歳までに入院しまくるしかありません。

60歳まで入院ばかりしているということは、それ以降の人生も、入院のリスクは非常に高そうです。

ところが、このカンポの養老保険は60歳満期です。

医療保障は60歳で終了します。

60歳以降の入院費用はどうすればいいのでしょうか?

満期の500万円を取り崩しながら、治療費にあてることになるでしょう。

であれば、最初から、終身医療保険に入っておけば良いのでは?ということになります。

このように考えると、やはり、保障と貯蓄は分けたほうが合理的だな~と思います。

貯蓄を効率よく増やす方法はこちらにまとめてますよ。^^