円奏会という投資信託をゆうちょ銀行で勧められた。今後の見通しや口コミはいかに?

こんばんは、鬼塚祐一です。プレミアムコンサルのお客様から聞いた話です。

ゆうちょ銀行の窓口に行ったときに、円奏会という投資信託を勧められたそうです。

円奏会というのは愛称で、正式名称は、

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)

です。

試しに、検索してみたら、口コミが、ほぼ見当たりませんでした。

では、円奏会はどんな投信なのか?

ゆうちょ銀行で、

「リスクが低いですよ。」

と勧められたそうです。

本当にリスクが低いのか?を調べるために、目論見書を見てみましょう。

目論見書というのは、パンフレットみたいなものだと思って下さい。

こういうのです↓

https://www.tokiomarineam.co.jp/pdf/635048_Plan.pdf

1ページを見ると、円奏会の中身が何で運用されているのか?ということが記載されています。

https://www.tokiomarineam.co.jp/pdf/635048_Plan.pdf

70%が国内債券です。

国内債券といえば、ローリスクです。

つまり、郵便局員さんの、円奏会はリスクが低い、という説明は合っていることになります。

ただ、リスクが低いということは、リターンはどうなると思いますか?

当然、リターンも低くなります。

現在の国債の金利を見てみましょう。

https://www.bloomberg.co.jp/markets/rates-bonds/government-bonds/japan

2年もの、5年もの、10年もの、はマイナス金利です。

20年もの、30年ものだとプラスですが、ゆうちょ銀行の定額貯金より、ちょっとましなくらいです。

であれば、定額貯金でもいいのではないか、と考えることも出来ます。

いうのも、円奏会は、投資信託ですから、信託報酬という手数料が発生します。

運用会社である、東京海上に、手数料を払うことになります。

この信託報酬がけっこう高いのです。

0.924%です。

仮に、100万円分投資したとしたら、1年間で、9240円の信託報酬が引かれます。

10年間だと、9万2400円も引かれます。

しかも、それだけではなくて、ゆうちょ銀行にも、手数料を払う必要があります。

購入時手数料というものです。

1.65%です。

金額でいうと、1万6500円です。

購入時手数料と信託報酬と合わせると、10万8900円にもなります。

リターンが低いのにもかかわらず、10万円以上の手数料を払うと、どうなるでしょうか?

あまり、増えなさそうだな、ということは容易に想像できますよね。

では、どういう投資信託を選べば、効率よく増えてくれるのか?

その答えは、これで分かりますよ。^^