4ヶ月前に投資信託をスタートした50歳会社員の方の運用成績を公開!

こんばんは、鬼塚祐一です。50歳会社員の方の事例です。

今から4ヶ月前に、SBI証券で投資信託を購入しました。

投資した金額は300万円です。

積立はしていません。

それが今、305万8145円に増えてくれています。

5万8145円のプラスです。

それから、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)も、SBI証券で始めています。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、今年の1月から、月2万3000円ずつ積立しています。

積立総額は20万7000円です。

それが、現在、20万7844円になっています。

844円の利益です。

利益の金額は、まだ、あってないような数字ですが、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の売りは、節税です。

最低でも、掛金の15%分お得になります。

金額でいうと、1年間で、4万1400円も税金が安くなります。

4万1400円の内訳をお話ししますね。

まず、年末調整のときに、所得税が1万3800円戻ってきます。

年末に、1万3800円戻ってきたら、いかがですか?

美味しいものを食べに行けますね。^^

あくまでも、最低税率で計算したので、収入によって、お得になる金額はもっと増えます。

次に、住民税が2万7600円安くなります。

これは、年末調整で戻ってくるわけではなく、来年の住民税が2万7600円安くなります。

つまり、給与から天引きされる金額が減るので、手取りが増えるわけです。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の良いところは、こういうところです。

ということで、投資信託と、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の利益と、節税分まで合計してみましょう。

10万389円のプラスです。

あなたも効率よく貯蓄が増やせるようになりますよ。^^