世界経済インデックスファンド1本で事足りるのか?

こんにちは、鬼塚祐一です。投資信託お悩み相談室の時間です。

では、さっそく相談内容を見てみましょう。^^

現在私は29歳で、世界経済インデックスファンドという投資信託に昨年から毎月積み立てしており、現在は約60万円ほど投資しています。

今後も60歳の定年まで積み立てしていこうと思っています。

今は相場が全体的に下がっているので保有しているこの投信もかなりマイナスになっています。

そこで質問なのですが、投資信託の積み立ては現在のまま世界経済インデックスファンド1本で事足りるのかということです。

他にもリスク分散でひふみプラスなど日本株に力を入れているアクティブ投信にも投資した方が良いでしょうか、それとも複数のインデックス投信で資産形成していくのが良いでしょうか?

まず、世界経済インデックスファンドはとても良いファンドだと思います。

ただ、私のお客様で、世界経済インデックスファンドのような、バランス型ファンドを使っている方はほとんどいらっしゃいません。

4本のインデックスファンドに分散投資しています。

理由はいくつかありますが、そのほうが、信託報酬を抑えることが出来ます。

また、アセットアロケーションをリスク許容度に合わせて、自由にカスタマイズすることも可能です。

たとえば、世界経済インデックスファンドの場合、新興国が35%も含まれています。

新興国はたしかに成長が期待されていますが、逆に、下がるときは大暴落します。

まさに、今の状況ですね。

ですから、基本は先進国の株式と債券に分散する、ここからスタートして、中級者以上になってから、少しずつ新興国を組み入れていくのが良いのではないかと思います。

なので、私の場合は、複数のインデックスファンドを組み合わせる、という方法を採用しているわけです。

もう少し詳しく勉強したい場合は、こちらを読んでおきましょう。^^