iDeCo イデコ 個人型確定拠出年金

イデコとは?おすすめのイデコを比較!メリットデメリット徹底検証

こんにちは、鬼塚祐一です。今、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)が注目を浴びています。

老後資金を貯めながら、税金まで安くできる、ハイブリッドな制度です。

今年から、公務員や主婦の方も加入できるようになりました。

「イデコってしたほうがいいの?」という質問も増えてきています。

イデコとは、どういうものなのか?

徹底検証していきましょう。^^

イデコは金融機関選びがとても重要!

イデコは、どの金融機関を選ぶかがとても重要です。

といっても、たくさんあるので迷ってしまいますよね。^^

金融機関を選ぶ基準は2つあります。

1つめは、口座管理手数料が安いところを選ぶ、ということです。

実は、口座管理手数料は、金融機関によって、ずいぶんと違います。

安いところだと年間2004円、高いところだと7000円以上もします。

安いところだと、

・SBI証券
・スルガ銀行
・楽天証券
・大和証券
・損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
・第一生命

などがあります。

2つめは、商品ラインナップが充実しているかどうか、です。

そこで信託報酬が安い商品を選ぶのがポイントです。

引かれる手数料が低いほど、あなたが得られるリターンは増えてくれます。^^

信託報酬とは、運用中にかかる手数料のことです。

0.2%ほどの商品があれば、2%以上かかるものもあります。

この2つを押さえた金融機関を選ぶことで、将来の資産の増え方がずいぶんと違ってきますよ。

 

イデコのメリット

 

税金の優遇が受けられる

掛け金が、全額、所得から控除できます。

つまり、所得税と住民税が安くなる、ということです。

たとえば、月2万円ずつ積み立てるとしましょう。

課税所得が300万円の場合だと、4万8千円税金を安くすることができます。

課税所得が500万円だと、7万2千円もおトクになります。

お金を貯めながら、税金もこれだけ安くできる制度は、他にはありません。

イデコの最大のメリットといっても良いのではないでしょうか。^^
 

運用中にかかる利益は非課税

投資信託で得られた利益は、通常、税金が引かれます。

どのくらい引かれると思いますか?

なんと、20%も引かれてしまいます。

仮に、100万円の利益が出たとしましょう。

そこから、税金として20万円も引かれてしまう、ということです。

ところが、イデコだと運用中は非課税なので、まったく税金がかかりません。

この20万円が、丸々受取れるというわけです。

 

イデコのデメリットとは?

 

60歳までお金を引き出せない

イデコは、原則60歳までお金を引き出せません。

しかし、イデコの目的は老後資金ですよね。

ということは、引き出せないので強制的に貯めれる、と考えることもできます。

デメリットでもあり、メリットにもなるのではないでしょうか。^^

 

イデコの加入期間が通算して10年以内の場合、受取開始年齢が遅くなる

加入期間が短いほど、受取れる年齢が遅くなります。

たとえば、加入期間が

8年以上だと、年金を受取れるのは61歳からになります。

6年以上で62歳から、4年以上で63歳から、2年以上で64歳から受取れます。

加入期間1ヶ月以上だと65歳から受取れます。

加入期間が短い方は、受取れる時期をきちんと確認しておきましょう。^^

 

イデコと個人年金の違いを比較

 

イデコも個人年金も、税金の優遇が受けられる

お金を貯めながら税金も安くできる、という点は、イデコも個人年金も共通です。

では、どのぐらい税金が安くできるのか?

前提条件として、課税所得が400万円で、月2万円ずつ積み立てた場合でみてみましょう。

まず、個人年金だと、1万800円安くすることができます。

1万円戻ってくると、おトクに感じますよね。^^

これが、イデコだと、いくらになるのでしょうか?

なんと、7万2000円も安くなります。

個人年金より6万円以上もおトクになりました。

このように見てみると、イデコのほうが、優遇が大きいことが分かりますね。^^
 

個人年金は破たんリスクがある

個人年金は、保険会社が破たんした時に、全額守られない可能性があります。

たとえば、2008年にリーマンショックがあり、大和生命が破たんしてしまいました。

このときに、貯蓄型保険に加入していた人はどうなったと思いますか?

なんと、最大で43%も保証が減らされてしまいました。

もし300万円入る予定だとしたら、171万円しか戻ってこないということです。

一方、イデコで積み立てたお金は、金融機関が破たんしたとしても、全額守られるしくみになっています。

 

イデコで保育園料金が安くなることも!?

保育園料金がどのように決まっているかご存知ですか?

住民税をいくら納めているか、で決まります。

ということは、住民税が安くなれば、保育園料金も下がる可能性がある、ということです。

それが可能になるのが、イデコです。

イデコは、掛けた金額に応じて、所得税と住民税が安くなります。

住民税が安くなって、保育園料金が1つ下の区分に入ることができれば、保育料が安くなります。

たとえば、イデコで月2万円積立すると、住民税が2万4000円安くなります。

すると、年収によりますが、保育園料金が月3000円ほど安くなる場合があります。

年間にすると、3万円以上安くなる、ということです。

これが、住宅ローン控除やふるさと納税では対象外です。

イデコならではのメリットです。

税金が安くなり保育料も安くなる、これは使わない手はないですね。^^

イデコの活用法は、こちらで詳しく解説していますよ。

 

母子家庭です。イデコを活用したほうがいいですか?

イデコの最大のメリットは、所得税と住民税が安くなる、というところです。

ただ、母子家庭の方のなかには、現在、住民税が免除になっている方がいらっしゃいます。

この場合、イデコのメリットを享受できないことになります。

そうなると、イデコでなく、別の方法で貯めていくという方法もあります。

たとえば、NISAというものがります。

所得税や住民税は安くなりませんが、運用益が非課税になります。

NISAの非課税期間は、5年間です。

しかし、ロールオーバーという制度を使えば、10年間非課税で運用ができます。

他にも、ジュニアNISAというものもありますよ。

ジュニアNISAだと、さらにメリットが大きくなります。

なんと、20年間も非課税になります。

そのため、住民税が免除になっている場合は、イデコでなくNISAを検討するものよいのではないでしょうか。

はじめてでもスタートできるNISAの活用法は、こちらに詳しく書いていますよ。

 

 

賢く増やす貯蓄講座!10日間無料メールセミナー
 
鬼塚FP事務所

西鉄福岡(天神)駅南口から徒歩3分
福岡市中央区今泉1-17-22 I.CUBE 501(アクセス
092-406-4402


お金が貯まった事例
自宅で学べる!セミナーDVDラインナップ
コンサルティング(電話、スカイプ、電話)
テレビ出演実績
福岡、糟屋、春日、大野城、久留米、鳥栖、北九州、小倉などから、対面コンサルティングにお越し頂いております。電話相談・スカイプコンサルは全国対応です。

ファイナンシャルプランナーへの相談、貯蓄、資産運用、投資、確定拠出年金、ジュニアNISAなどお任せ下さい。



2017-07-18 | Posted in iDeCo イデコ 個人型確定拠出年金Comments Closed