ガソリンを安く買う方法を教えてもらいました。

こんにちは、鬼塚祐一です。投資の手法に、ドルコスト平均法というものがあります。

毎月、決まった金額、つまり定額で投資していく方法です。

東京で対面コンサルをしたとき、ドルコスト平均法の説明をしていたら、お客様がこうおっしゃいました。

「私、ガソリンを入れるとき、その方法を使ってますよ。」

毎回、金額を決めて、定額でガソリンを入れているそうです。

そうすると、何が良いか分かりますか?

ガソリン価格が安いときは、たくさん給油できます。

逆に、高いときは、あまり給油できません。

言い換えると、高値掴みを抑えることが出来るわけです。

結果的に、平均購入単価が安くなる、という効果が期待できます。

ガソリンを安く買おうと思ったら、他にも方法はあります。

たとえば、福岡市だと吉塚に激安ガソリンスタンドがあります。

しかし、大行列なので、待ち時間がかなり長いです。

私は、行列に並ぶ時間があるなら、仕事をして稼いだほうが良い、という考え方なので、行ったことはありませんが。

それにたいして、毎回、定額給油であれば、どこのスタンドでも活用できますよね。

ということで、ドルコスト平均法は、価格が変動するものを買うときに効果を発揮します。

たとえば、投資信託も毎日、価格が変動します。

つまり、ドルコスト平均法が有効です。

最近は、投資信託を毎月定額で購入できるサービスがあります。

インターネット専用証券会社であれば、月100円から出来るところがあります。

SBI証券とかマネックス証券など。

投資信託の定額積立で、上手にお金を増やす方法は、こちらにまとめています。^^