勤務医も個人型確定拠出年金に入れるようになりました。

こんにちは、鬼塚祐一です。勤務医も個人型確定拠出年金に入れるようになりました。

以前から、加入できる勤務医の方もいらっしゃいました。

たとえば、個人病院に勤務している医師。

私のお客様だと、眼科や産婦人科、歯科などの個人病院に勤務している医師の方が、以前から確定拠出年金を活用しています。

逆に、大学病院の勤務医の方は加入できませんでした。

たとえば、私立大学だと、私学共済になりますよね。

私学共済の加入者は、残念ながら個人型確定拠出年金の利用ができませんでした。

ところが、2017年から利用できるようになりました。^^

ちなみに、2008年から確定拠出年金をスタートしている方の運用実績はこんな感じです。2016y12m22d_190332758
(2008年11月~2016年12月)

年利12.39%です。

銀行の定期預金の金利が0.01%ですから、1239倍の利率です!

さらに、掛金は全額、所得から控除できますので、年末調整のときに税金が戻ってきます。

来年の住民税も安くなりますよ。

では、どのようにして12.39%で運用できたのか?

ここに書いてあることを、そのまま実行しただけです。^^