富士ゼロックスにお勤めの方、同僚と退職金が1000万円も差がつきます。

こんにちは、鬼塚祐一です。富士ゼロックスにお勤めの方向けの話です。

退職金制度として、確定拠出年金が導入されていますよね。

会社がいくら拠出してくれて、退職金としていくらもらえるか、きちんと把握していますか?

ご存じない場合は、すぐに確認してくださいね。

仮に、拠出額が月1万円で、23歳から60歳まで勤めるとしましょう。

あなたが初期設定のまま何もしていないとしたら、受取額は444万円です。

では、きちんと運用商品を選んで、6%で運用できたら、いくらになると思いますか?

1576万円です。

その差は、1132万円です。

つまり、きちんと運用の勉強をしている場合と、そうでない場合は、退職金が1000万円以上差がつくわけです。

あなたの同僚は、こっそり勉強して、知らない間に、着実に増やしているかもしれませんよ。

では、どうしたら確定拠出年金で6%運用ができるのか?

これを観るだけで分かりますよ。^^

知っている知らないでは、老後に受け取るときに大きな差となって現れます。

あなたも同僚と差をつける運用方法を身につけませんか?