投資で493万円の利益が出ている65歳主婦の方が実践する投資のコツ

こんばんは、鬼塚祐一です。65歳主婦の方が投資で493万円の利益が出ています。

厳密に言うと、493万1074円のプラスです。

もともと、投資を始めたきっかけは10年前。

5歳年上のご主人が定年退職を迎え、退職金を受け取ったときのことです。

西日本シティ銀行の窓口で、投資信託を勧められました。

フィデリティUSリートという商品です。

当時、めちゃくちゃ売れていた商品です。

その後、ちゃんと勉強しようと思って、マネーセミナーを受講。

そのセミナーの講師が、たまたま私だったのです。

私も、ずいぶん、若かった。(笑)

セミナー受講後は、メットライフ生命の変額年金を利用して、分散投資という方法で投資を始めました。

そのとき私が勤務していたFP事務所が変額年金推しだったのです。

2013年のことです。

7年前ですから、58歳ですね。

最初に投資した金額は800万円です。

パートに出ていたので、月5万円の積立もおこなっていました。

昨年、パートを辞めたので、積立額を3万円に減額しています。

積立は、年齢的に、近い将来、ストップする予定です。

また、途中でまとまった金額を何度か、追加で投資しました。

その結果、493万円のプラスになっています。

内訳は、まず、メットライフ生命の変額年金が435万461円の利益。

SBI証券のNISAが58万613円のプラスです。

ちなみに、このあと、変額年金は解約して、返戻金で、SBI証券で投資信託を購入しました。

こうすることで、年間の運用手数料を抑えることが可能だからです。

分散投資はスタートしたら、あとは、ほったらかしなので楽チンです。

年に1回、リバランスというものを行うだけです。

リバランスを、簡単に説明すると、

値上がりしているものを売って利益を確定し、そのお金で、値下がりしているお買い得なものを仕込むという手法です。

慣れると10分もあれば出来ますよ。

ラクラクだから60代の方も、続けることが出来て、493万円も増えているわけです。

これが投資で利益を得るコツです。^^

あなたにも簡単にできますよ。