41歳レコーディングエンジニアの方が変額年金で99万7750円のプラスです。

こんばんは、鬼塚祐一です。41歳レコーディングエンジニアの方の事例です。

昔はパンクバンドをしていらっしゃいましたが、今では、演歌からアイドルまで、あらゆるジャンルのレコーディングを手がけています。

実は、私も学生時代、パンクバンドでドラムを叩いておりました。^^

さて、資産運用をスタートしたのは、6年前のことです。

初期投資額は100万円です。

月1万の積立もしています。

売上が良いときに、20万円追加で投資しました。

これまでの投資総額は、188万円です。

それが今、287万7750円に増えてくれています。

99万7750円のプラスです。

利用している商品はメットライフ生命の変額年金です。

6年前、私は会社員で、その会社がメットライフ生命の変額年金推しだったのです。

投資信託に変更するとコストが下がるのですが、お忙しいので、変額年金のまま続けています。

ただ、新たに個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始めることにしました。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)はマネックス証券でおこないます。

これから個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を検討するなら、マネックス証券は要チェックですよ。

ところで、なぜ、このように増えているのか?

実は、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)も変額年金も投資信託も、投資の仕方は、まったく同じです。

カンタン過ぎて、物足りなく感じるかもしれません。^^