シンガポール旅行記第10弾!チャイナタウンの小籠包と、セントーサ島に向かうケーブルカー

こんにちは、鬼塚祐一です。夏休みシンガポール旅行記第10弾です。

今回は、最終日の前編、チャイナタウンの小籠包と、セントーサ島に向かうケーブルカーをお送りします。

いよいよ最終日です。

まずは、嫁のリクエストでチョンバルにいる電気ビリビリおじさんに会いにいきます。

残念ながら、電気ビリビリおじさんはいませんでした。(;´Д`)

諦めて、お昼ご飯を食べるために、地下鉄に乗って、チャイナタウンに向かいます。

地下鉄の改札抜けて、エスカレーターで上がると、いきなりチャイナな雰囲気が満載です。

どんどん歩いていきます。

途中に、インスタ映えしそうなお寺がありました。

さらに歩いていき、お目当てのお店の、京華小吃に到着。

このお店は、マップルに掲載されていました。

さっそくタイガービールを注文!

シンガポールで飲んだビールで一番旨かったです。

というのも、グラスまでキンキンに冷えていたのは、この店が初めてでした。

メニュー表は、日本語表記もあり、親切です。

よく分からないし、お腹が減っていたので、とりあえず3種類とも頼みます。

小籠包がめちゃくちゃ美味しかったです。

お腹いっぱいになり、次に、何をするか悩みます。

というのも、帰りのフライトが夜中の1時30分なのです。

時間はいくらでもあります。

暑いので、あまり外を歩き回りたくないため、エアコンが効いていそうな、セントーサ島の水族館に行くことにしました。

地下鉄の駅に向かいます。

途中で、また、お寺が。

チャイナタウンを後にして、セントーサ島につながるケーブルカーに乗り込みます。

ケーブルカーの所要時間は10分ほどです。

セントーサ島に到着。

セントーサ島のマーライオンは、マリーナ地区にあるものより、巨大です。

ただ、水は吐き出しません。

ということで、今回はここまで。

次回は、いよいよ最後。

セントーサ島の水族館と、マリーナベイサンズの噴水ショーをお送ります。^^

シンガポール旅行記最終回!巨大水族館シー・アクアリウムとマリーナベイ・サンズの噴水ショー