自衛官が貯蓄3000万円を達成するための年代別シミュレーション

こんばんは、鬼塚祐一です。自衛官が老後も安心して生活するめに必要な貯蓄額をご存知ですか?

個人差はありますが、目安は3000万円です。

定年退職金と若年給付金を除いて3000万円です。

途方もない金額と感じるかもしれませんが、ある制度を利用すれば実現できますよ。^^

ある制度とは、2つあります。

・個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)
・NISA(ニーサ)

NISAと確定拠出年金を併用した3000万円達成シミュレーションを年代別に作成しました。

30歳、40歳、50歳です。

50歳から3000万円は、かなり大変なのですが、きちんと方法があるので、ご安心下さい。

どの年代も、54歳で定年退職した後は積立をしない、という前提でムリなく達成できるプランです。

自衛官のための一生お金に困らない!ラクラク貯蓄セミナーでお伝えしますね。^^

すでにお席が3分の2ほど埋まっております。

あなたも貯蓄3000万円を達成しませんか?