30代は、確定拠出年金の運用のバランスをどうすべきか?

こんにちは、鬼塚祐一です。30代は、確定拠出年金の運用のバランスをどうすべきか?をお話しますね。

まず、定期預金や個人年金は、ほとんど増えないので、選択肢から除外します。

そういうのは50代になってから、考えればオーケーです。

なので、株式で運用する投資信託と、債券の投資信託を組み合わせて、運用します。

組み合わせのバランスですが、一般的には、年齢=債券の比率、と言われています。

たとえば、あなたが35歳なら、債券35%:株式65%、という感じです。

ただ、あくまで一般論で、世の中には例外が山ほどあります。

なので、自分で考えられるように、投資のキホンを勉強しておきましょう。^^