メットライフ生命のドルスマートを学資保険代わりにするメリットとデメリット

おはようございます、鬼塚祐一です。子供が生まれたら学資保険!というのが昔は定番でした。

最近は、学資保険代わりにメットライフ生命のドルスマートを利用するのが流行り始めています。

では、ドルスマートを学資保険代わりにするメリットとデメリットをお話ししますね。

まず、メリットから。

予定利率が学資保険よりも高いです。

3%が最低保証されています。

今月は3.31%が適用されています。

学資保険の予定利率は1%程度ですから、ずいぶん違いますよね。

次にデメリット。

ドルで運用する保険のため、為替レートしだいで元本割れすることもあります。

利率は3.31%なのに、元本割れするって不思議な感じがしませんか?

というのも、為替レートってめちゃくちゃ変動します。

たとえば、昨年はたった10ヶ月で20%ほど円高になったことがあります。

円高ということは言いかえるとドルが安くなったわけです。

ドルスマートは何で運用していますか?

ドルですよね。

つまり、アッという間に、20%マイナスです。

もし、メットライフ生命のドルスマートを検討する場合は、こういうリスクを理解してうえで判断しましょう。

ちなみに、私には小学生の子供が2人おります。

学資保険もドルスマートにも加入していません。

昨年からスタートしたお得なこの制度を活用しています。^^