銀行で勧められるメットライフ生命「サニーガーデンEX」の3つの注意ポイント

こんにちは、鬼塚です。銀行で、メットライフ生命「サニーガーデンEX」を勧められている方からご質問を頂きました。

定期預金が満期になり(1千万円)、銀行よりメットライフ生命の「サニーガーデンEX」への契約を提案されました。

積み立て利率2.55%(10年間)です。

特に今使途が決まっている資金ではありませんが、どうしたらいいか迷っています。


http://www.metlife.co.jp/lf1/ahp660/index.html

提案されいているのは、USドル建てだそうです。

メットライフ生命のサニーガーデンEXへの加入を検討するさいに、注意すべきポイントが3つあります。

1、為替手数料
2、保険関係費用
3、解約控除

まず、為替手数料からです。

サニーガーデンEXはドル建てになります。

ですから、円をドルに両替して、加入するという流れになります。

では、両替をメットライフ生命がボランティアでおこなってくれるでしょうか?

当然、ビジネスですから、残念ながら、ボランティアでは両替してくれません。

手数料がかかります。

1ドルあたり50銭です。


http://www.metlife.co.jp/lf1/ahp660/index.html

加入するときの1度だけではありません。

解約するときに、ドルを円に戻して受け取るときも、手数料が引かれてしまいます。

仮に、1000万円で契約する場合、ざっくり計算ですが、加入するときに4万5千円、解約するときにも4万5千円、合計9万円かかります。

実は、9万円だけでは済みません。

サニーガーデンEXの場合、定期支払金を毎年受け取ることになります。

ということは、その都度、為替手数料を払うことになるので、支払額はもっと多くなります。

次は、保険関係費用についてです。

どちらかというと、こちらのほうが重要です。

「メットライフ生命が定めた利率から保険関係費用を控除したものが積立利率となります。」

と書いてあります。

積立利率は、今だと、2.59%です。


http://www.metlife.co.jp/lf1/ahp660/p660_08.html

これは、保険関係費用が引かれた後の手取りが、2.59%という意味です。

では、どれくらい保険関係費用が引かれているのか?

サニーガーデンEXのようなドル建ての保険は、アメリカの債券で運用されています。

ですから、アメリカの債券の金利を確認すると、分かります。


https://www.nikkei.com/markets/marketdata/bonds/?type=us

米国債10年を見ると、3.082%になっています。

ということは、ざっくり計算ですが、

3.082%-2.59%=0.492%

つまり、0.492%が保険関係費用と考えられます。

金額に当てはめてみましょう。

1000万円の契約の場合、1年間で、4万9200円です。

10年間で、なんと、49万2千円もの手数料が引かれることになります。

先程の、為替手数料と合計すると、58万円2千円という非常に大きな金額になることが分かります。

そして、最後の、解約控除についてです。

これは、短期間で解約した場合のペナルティだと思って下さい。


http://www.metlife.co.jp/lf1/ahp660/index.html

1年未満に解約すると、なんと10%も引かれてしまします。

金額にすると100万円です。

9年経って解約しても1%引かれますから、10万円です。

10年経過すると、解約控除は0円になります。

つまり、10年間は、解約しちゃいけない、と考えることが出来ます。

今回は、

「特に今使途が決まっている資金ではありませんが、どうしたらいいか迷っています。」

とのことでしたので、10年間、絶対に解約しない、という場合は選択肢のひとつにはなるかもしれません。

ただ、為替手数料と保険関係費用の56万円をどう考えるか?が判断基準になるかと思います。

ちなみに、私であれば、こんなに手数料を払いたくありません。

いつでも解約できるほうが良いです。

そのうえで、もっと効率よく増やしたいと思います。

たとえば、こういう方法がありますよ。^^