教育資金から老後資金準備へ。50歳専業主婦の方が投資信託をスタートし10万5348円のプラスです。

こんばんは、鬼塚祐一です。50歳専業主婦の方の事例です。

昨年の8月に投資信託を始めました。

名義はご主人ですが、主導権は奥様が握っていらっしゃいます。

初期投資額は100万円です。

月10万円の積立も10月からスタートしました。

その後、さらに、280万円追加で投資しました。

これまでの投資総額は、440万円です。

それが今、450万6348円に増えてくれています。

10万5348円のプラスです。

50代は、お子さんが独立し、教育費がかからなくなってくる時期だと思います。

いよいよ自分たちの老後のための貯蓄が本格的にスタートできます。

ただ、定年退職までの時間も、迫ってきています。

今まで、教育費にかかっていたお金を、そのまま投資信託にまわすことで、効率よく、老後資金を確保することが可能になります。

「そうはいっても、投資信託のことなんて、ぜんぜん分からない!」

という場合もご安心下さい。

まったくの知識ゼロ、経験ゼロでも、投資信託を始められるようになるのが、

5月26日(土)の名古屋セミナーなのです。

お申込受付の締切りが、5日後に迫ってきました。

5月22日(火)24時で受付終了となります。お急ぎ下さい!