投資信託でお金が増えている人、減っている人の違い。

おはようございます、鬼塚祐一です。リーマンショックがいつだったか覚えていますか?

2008年のことですから、もう8年も前です。

リーマンショックのときに、銀行で投資信託を勧められて大損した、という話をよく聞きます。

知識もないのにリーマンショック前に4つ投資信託を買いました。

そのうち2つはリーマンショックを経てなんとか基準価格まで回復したのですが、2つはまだまだです。

これらをどうしたらいいのか?と悩んでいます。

リーマンショックは100年に1度の金融危機と言われていました。

1929年の世界大恐慌以来の出来事だったわけです。

なので、私のお客様も、当時はマイナスになりました。

しかし、今もなお、マイナスという方は1人もいらっしゃいません。むしろ、すごく増えています。

では、投資信託でお金が増えている人、減っている人の違いはどこにあるのでしょうか?

答えは、カンタンです。

資産運用には5つの鉄則があります。それを守っていたかどうか、だけの話です。

資産運用5つの鉄則は、このDVDを見ると分かります。

これから、リーマンショック級の大暴落があったとしても、気にする必要がなくなります。

あなたも投資信託でお金が増やせるようになりますよ。^^