投信積立と小規模企業共済では、どちらがお得か比較してみました。

こんばんは、鬼塚祐一です。自営業の方の節税できる貯蓄といえば、小規模企業共済ですよね。

それから、資産運用といえば、投資信託の積立が思い浮かぶと思います。

では、投信積立と小規模企業共済では、どちらがお得なのか比較してみましょう。

前提条件は、月4万円の積立を30年間続けて、総額1440万円積み立てた場合です。

まず、小規模企業共済から。

事業を廃止した場合に受け取れる共済金Aが、1739万円になります。

ここから、退職所得控除1500万円を引いて、税金を計算すると、18万円かかります。

なので、手取りは、1739万円-18万円=1721万円になります。

それから、節税効果は、課税所得が600万円の場合、年間14万6千円、30年で438万円です。

手取りの共済金と節税分を合計すると、2159万円です。

次に、投信積立で6%複利運用が出来た場合のシミュレーションをしてみますね。

30年後、3917万円になってくれます。

利益分に20%課税されたとしても、手取りは、3421万円です。

投資信託3421万円 > 小規模企業共済2159万円

このように比較してみると、投資信託のほうがお得である、と考えることも出来ます。

ただし、知識ゼロで、投資信託を始めると、増やすどころか、大損してしまいます。

失敗しないために、最低限、これは読んでおきましょう。^^