名古屋の41歳自営業の方が投資信託と個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で70万25円のプラスです。

こんにちは、鬼塚祐一です。名古屋の41歳自営業の方の事例をお話ししますね。

1年ほど前に、SBI証券で投資信託をスタートしました。

投資額は2000万円です。

別の証券会社で投資していたものを売却して、そこからお金を持ってきました。

12月に810万円追加投資しました。

これまでの投資総額は2810万円です。

それが今、2880万525円に増えてくれています。

70万525のプラスです。

それから、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)もスタートしています。

毎月の拠出額は6万7千円です。

これまでの拠出総額は67万円です。

それが現在、66万9500円になっています。

500円のマイナスです。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は一括投資ではなく、毎月のコツコツ積立のみなので、どうしても利益が出るまで時間がかかります。

ただ、節税効果は1年目から大きいです。

最低でも掛金の15%分の税金が安くなります。

これまでの掛金が67万円なので、その15%分を計算すると、なんと10万500円も税金がお得になっています。

これが最低の場合です。

所得が高くて、最高税率の場合だと、36万8500円もお得になります。

ひとまず、節税分は考慮しないで、投資信託と個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の損益を合計すると、70万25円のプラスです。

あなたも節税しながらお得に資産運用が出来ますよ。^^